電子機器の放熱性の課題を解決する新素材「Thermalnite」を開発した「U-MAP」が3億円調達

2020年6月19日、株式会社U-MAPは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

名古屋大学 宇治原研究室(未来材料・システム研究所)の研究成果である繊維状窒化アルミニウム単結晶(「Thermalnite」)の社会実装により、電子機器の放熱性の問題の解決を目指す革新的材料ベンチャーです。

「Thermalnite」は、セラミックスや、樹脂・ゴムに添加することで、新しい機能を発現させられる革新的なフィラー材料です。

セラミックス複合素材は、産業用のパワー・モジュールや、光通信モジュール基盤に使用されています。放熱性を向上させるためには、セラミックス基盤の熱伝導率と機械特性のふたつの特性が必要となります。

「Thermalnite」を添加することで、既存のセラミックス基板よりも、このふたつの特性において同時に高い水準を実現することができます。

樹脂・ゴム複合材料は、スマートフォンや、PC、EV、5G基地局など、多くの機器に使用されています。

従来の樹脂・ゴム複合材料は、熱伝導率を向上させるために、軽さ・柔軟性といった特性が失われていました。「Thermalnite」を添加することで、樹脂・ゴム特性を保持したまま、さらに熱伝導率を向上させられます。

これにより、新たな成形方法での部品製造や、機能性材料のニーズの強い5Gなど次世代通信やEVなどに展開が可能となります。

今回の資金は、「Thermalnite」の量産化を見据えたパイロットラインの設計・稼働や、究開発(製造条件の最適化、構造制御等)、アライアンスの構築などに充当されます。

これまで新素材は製造業において革新をもたらしてきましたが、持続可能な社会の実現のため新素材の開発はより一層重要な要素となっています。

さらに、従来の新素材の開発プロセスは複雑で時間がかかっていましたが、AIや機械学習により、開発期間を短くすることが可能となったことも、新素材開発が活発になっている要因のひとつです。

研究開発系のビジネスでは、資金調達が成長に直結してきます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資してもらうためのノウハウや、クラウドファンディングの使い方など、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Thermalnite 材料 株式会社 研究 研究開発型ベンチャー 素材 繊維状窒化アルミニウム単結晶 資金調達 電子機器

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ