注目のスタートアップ

AIデータプラットフォームを提供する「FastLabel」が4.6億円調達

company

2022年8月10日、FastLabel株式会社は、総額4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

FastLabelは、AIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供しています。

アノテーションツールやプロジェクト管理などのSaaS型システムと、教師データ作成代行サービスやデータコンサルティングなどのサービスを包括した統合型のプラットフォームです。

デバイスへのインストール不要で、ブラウザ上で画像・動画・テキスト・音声のアノテーション(タグ付け)を行うことができます。

またアノテーション作業の自動化やアクティブラーニングによって、教師データ作成のコスト・期間を70%削減しています。

今回の資金は、プラットフォームのさらなる機能拡大に充当します。

具体的には、国内産業の業務に特化したデータセットの作成や提供を行い、そのデータセットで学習させたモデルをプラットフォームに実装し、幅広い教師データの作成自動化を提供します。

また、AI開発フェーズから運用フェーズまで一括で支援するため、MLOpsの構築が可能なAIプラットフォームへと開発を進めます。

AIを開発するには、機械学習によってデータのルールやパターンをAIに教える必要があります。

主な学習方法には、教師あり学習、教師なし学習、強化学習の3つがあり、中でも教師あり学習がもっとも一般的な手法となっています。

教師あり学習では、例題と正解のペアで構成された教師データを学習させることで、AIは未知のデータに対し正解と思われるデータを出力することが可能となります。

教師あり学習でAIの精度を向上させるには、正しい教師データを大量に用意する必要があります。

この教師データを用意する際には、素材となるデータにタグをつけていくという作業が行われます。これをアノテーションといいます。

たとえば人間の画像には、性別・年齢・人種といったメタデータをつけていくことになります。

このアノテーション作業はひとつひとつ手入力で行われるため、非常に大変な作業となります。

そのためアノテーションを効率化するためのツールや自動化するツールが開発・提供されています。

また、アノテーション作業には複数の人材が必要となるため、外注するケースも多々あります。

一方でアノテーション作業の外注では、納品される教師データの質が悪く、自分たちで修正しなくてはならないという問題が発生することがよく見受けられます。

FastLabelは、このアノテーションの外注において、高い品質を保ちながら短期間で教師データを用意するAIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供しています。

創業期はさまざまなリソースが不足しています。すべてを社内でやろうとすると、重要な業務にリソースを割くことができず、結果的に成長の機会を逃してしまうこともあります。そのため創業期は上手にアウトソーシングを活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI FastLabel アウトソーシング アノテーション データ プラットフォーム 代行 作成 教師データ 株式会社 機械学習 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自社のニュースをPRできる「PRONE」内にてオンライン上で記者発表ができる新サービスを開始。
2020年3月12日、株式会社シプードは、「PRONE(プロネ)」内にてオンライン上で記者発表ができる新サービスを開始しました。 「PRONE」は、記者に自社のニュースをPRできる国内初のクラウド記者…
スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が10億円調達
2020年3月16日、株式会社INFORICHは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅などに設置され…
出張シェフサービスを運営する「シェアダイン」が資金調達
2022年9月21日、株式会社シェアダインは、資金調達を実施したことを発表しました。 シェアダインは、栄養士・調理師などの資格を持った食の専門家が出張シェフとして登録する出張シェフサービス「シェアダイ…
家族の自然な日常を動画で残す「きづなFilm」プロジェクトがスタート
2022年1月31日、株式会社ai moveは、「きづなFilm」プロジェクトをスタートしたことを発表しました。 「きづなFilm」は、家族の自然な姿とメッセージを映像に残し、将来親から子にプレゼント…
「もりおかSDGs ファンド」が手紡ぎ手織りの毛織物「ホームスパン」事業を展開する「クラシカウンシル」に出資
2022年5月20日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、「もりおかSDGs 投資事業有限責任組合(もりおかSDGs ファンド)」より、株式会社クラシカウンシルに投資を実行したことを発表しまし…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ