後付け型スマート・メータリング・システム「OCR式LPWA自動検針サービス」6月リリース

2020年5月12日、Deep Vision株式会社は、「OCR式LPWA自動検針サービス」を2020年6月から販売を開始する予定であることを発表しました。

「OCR式LPWA自動検針サービス」は、電気・ガス・水道などのメーターの検針を自動化するサービスです。

すでに設置されているメーターに専用のデバイスを後付けで設置することで、自動でデータを収集し、使用状況を見える化します。

デバイスには、数値を撮影するカメラと高精度のOCR機能や、無線通信機能が組み込まれています。また、組込みAIエンジンにより、数値を解析し、追加学習やモデルの再配信により長期高精度の信頼性を保持し続けます。

またデバイスは、電池交換なしで10年使用することが可能です。

メーター1台につき500円/月で点検・データ可視化、Web台帳などの機能を提供します。

Deep Visionは、クラウドではなく端末側(エッジ)でAIやディープ・ラーニングなどを実行する技術の企画・開発を行っています。

電力などの使用量が可視化されることは、単純にユーザーにとって便利になったり、検針に関する業務が効率化されるだけではありません。

たとえば、より細やかなエネルギー・マネジメントや、使用量などからわかる個人データを活用したマーケティングにも活用できます。

起業に伴いオフィスを構える場合、電気代は必要経費です。少しでも節約できるといいのですが、個人ではできる範囲が限られています。「冊子版創業手帳」では、オフィスの選び方や、社内システムの整備について詳しく解説しています。また、無料で専門家も紹介していますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Deep Vision OCR式LPWA自動検針サービス エッジAI サービス リリース 株式会社 自動化

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ