画像中の顔を自動検出し顔を隠してプライバシーを保護できるアプリ「顔隠しアプリ」が正式リリース

tips

2022年6月15日、株式会社KICONIA WORKSは、「顔隠しアプリ」をiOS版とAndroid版で正式リリースしたことを発表しました。

「顔隠しアプリ」は、画像中の人間の顔を自動で検出し、簡単な操作によって顔をスタンプで隠し、プライバシーを保護できるアプリケーションです。

KICONIA WORKSは他に、デジタルアートの流通プラットフォーム「HAZERU ART」の提供や、AI導入・活用コンサルティング事業、アルゴリズム・モデル開発事業などを展開しています。

総務省の「令和2年通信利用動向調査の結果」によると、SNSの利用率は全体で73.8%と大きく普及していることがわかります。

また、70歳以上の利用率も約47%、60~69歳で約60%であるため、幅広い世代に広まっているといえます。

SNSにはInstagramやTwitterなど、自分の日常などを不特定多数に発信できるものがあります。不特定多数に見られていることを気にすることなく自分の顔が写った写真を投稿する人もいますが、そういう人であっても知人や他人の顔が写っている場合はスタンプで隠すなどプライバシーに配慮することがほとんどです。

もし自分や知人の顔の画像をインターネットに投稿すると、悪意のある第三者から個人を特定されてしまい、実生活に悪影響が及ぶ可能性があります。

たとえばストーカーなどは、相手の情報を入手するためにSNSアカウントなどをどうにか見つけ出そうとします。もし顔が写っている写真が投稿されていれば、それがその人自身のアカウントであると確信できてしまいます。そのほかにもその写真を利用して嫌がらせをされたり、最悪の場合は何らかの犯罪に利用されてしまうこともあるでしょう。

ネット上に写真を投稿する際は最新の注意を払わなくてはなりません。不特定多数のユーザーと関わることができるSNSでは写真にスタンプなどの加工を施し、身元を特定できないようにすることが重要なのです。

株式会社KICONIA WORKSのコメント

このニュースを受けまして、株式会社KICONIA WORKSよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

手軽かつシンプルな作りであり、高速処理ができる点です。

・今後の展望を教えてください。

現在デジタルアートの共有プラットフォームであるHAZERU ART、今回の顔隠しアプリをリリースしておりますが、今後も他分野において様々なサービスをリリース予定です。(HAZERU ART サービスURL:https://hazeruart.com/

・読者へのメッセージをお願いします。

今後も多くの企業様に機械学習や最適化モデル、システム開発を通じて価値を創出しつつ魅力的な自社サービスも提供していきます。

セキュリティやプライバシーは企業ではさらに重要なものになります。たとえば、適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、事業活動・成長に必須のものと位置づけて取り組んでいくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ KICONIA WORKS SNS アプリケーション プライバシー リリース 写真 株式会社 検出 画像 自動 認識 顔隠しアプリ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

量子コンピューター向けアルゴリズムなど開発の「QunaSys」が2.8億円調達
2019年11月25日、株式会社QunaSysは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 量子コンピューター向けのアルゴリズムとアプリケーションを開発しています。 今回の資金は…
投資先管理ツール「FUNDBOARD」がスタートアップ・データベースと連携
2020年2月17日、株式会社ケップルは、「FUNDBOARD」において、約4,500社の情報を有するケップルスタートアップデータベースとの連携機能をリリースしたことを発表しました。 「FUNDBOA…
小型SAR衛星開発やクラウド型衛星データソリューション提供の「Synspective」が119億円調達
2022年3月29日、株式会社Synspectiveは、総額119億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Synspectiveは、小型SAR衛星の開発・運用と、衛星による観測データを活用したク…
屋内空間専用の産業小型ドローン「IBIS」開発・提供の「Liberaware」が2.6億円調達
2020年4月27日、株式会社Liberawareは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 屋内空間専用の産業小型ドローン「IBIS(アイビス)」を開発・提供しています。 …
外国人採用支援サービスの「MUSUBEE」と日本語学校の「進和外語アカデミー」が提携し採用サービス「MUSUBEE介護プラン」をリリース
2020年10月15日、MUSUBEE株式会社は、進和外語アカデミーと提携し、「MUSUBEE介護プラン」の申し込み受け付けを10月14日から開始することを発表しました。 MUSUBEEは、特定技能外…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ