「電通国際情報サービス」が次世代スマート・オフィス/ビルディング・ソリューション「wecrew」の開発に着手

2020年5月7日、株式会社電通国際情報サービスは、次世代スマート・オフィス/ビルディング・ソリューション「wecrew(ウィクルー)」の開発に着手したことを発表しました。

2020年夏の提供を予定しています。

「wecrew」は、オフィス・スペースの予約管理機能と入退室管理機能によりリアルタイムな利用状況を把握し、その利用状況に応じて空調や照明などを自動制御することによってオフィスの稼働率向上と効率的なエネルギー活用を実現するソリューションです。

夏に提供される機能以外にも、オフィスやビル内の利用者のバイタル・データや環境情報などのセンシング・データを収集し、、AIやロボット技術を活用して最適な空間やオフィス・サービスを提供する機能の開発も計画しています。

働き方改革のためにはオフィス環境の変化が効果的とされています。

共創やメンタル・ヘルス対策のためなど、多様な空間づくりが今後も拡大していくとみられています。

そのため、ビル事業者やオフィス管理者もその変化に対応しなくてはなりません。

起業にはオフィスが必要となります。しかしオフィスの形態には様々なものがあり、最適なものを選ぶのは難しいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期のオフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ wecrew ウィクルー エネルギー サービス スマート・オフィス ソリューション 株式会社 電通国際情報サービス

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ