注目のスタートアップ

東南アジア産直ECを運営する「SECAI MARCHE」が2.1億円調達

company

2023年1月31日、株式会社SECAI MARCHEは、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SECAI MARCHEは、東南アジアにおいて生鮮食品を取り扱うBtoB産直ECを運営しています。

日本やマレーシアなど世界中の生産者の食材を4,000点以上掲載し、冷蔵物流機能を持たない生産者に、フルフィルメントサービス(受注、決済、ピッキング、配送などの一連の業務)を一貫して提供し、東南アジアの生鮮食品のEC化を進めています。

2022年はマレーシア内に計4か所の物流センターを稼働させたほか、生鮮食品に特化したWMS(倉庫マネジメントシステム)とWMSと連動した販促システムの開発により、調達から配送効率を向上させ、廃棄率を1%に維持することに成功しています。

今回の資金は、AIを活用した需要予測や、トラックルーティング、体制の構築、マーケティング活動などに充当する予定です。


国内の事例ではありますが、農林水産省「平成28年度 食料・農業・農村白書」によると、農産物販売金額が大きい販売農家ほど、自営の農産物直売所やインターネットを利用する割合が高く、自ら値段をつけられる方法で販売を行っていることがわかります。

また、近年はEC(インターネット通販)を通じ、生産者から消費者に野菜を直接届ける産地直送型のサービスの人気が高まっています。

産直ECは、販路を拡大できる、消費者の生の声を得られる、卸売と同じ業務負担で消費者に直接販売できるといったメリットがあります。

東南アジアにおいてはコロナ禍によって一気にECの利用率が高まっており、EC市場の市場規模は、2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)17.7%で成長しています。

また東南アジアでは日本食の需要が高まり、それに伴い日本産の食材の需要も高まっています。

一方、東南アジアでは冷蔵物流網を構築できていない生産者・生産者団体が多く、生鮮食品のEC化はまだあまり進んでいません。

SECAI MARCHEは、冷蔵物流機能を持たない生産者に向け、フルフィルメントサービスを一貫して提供しているほか、現地の飲食店などに日本の生産物を届け、日本の生産物の販路拡大・ブランディングにも貢献しています。

ECはさまざまな領域で新たな販路として重要な存在となっています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方、インターネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC SECAI MARCHE WMS フルフィルメントサービス 東南アジア 果物 株式会社 水産物 物流 生産者 生鮮食品 産直 資金調達 農産物 野菜
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

民間宇宙スタートアップの「ALE」が12億円調達
2019年9月5日、株式会社ALEは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、香港を拠点とするベンチャー・キャピタルHorizons Venturesや、スパークス・グループ…
DX・AI人材育成事業やAIデータ分析ツールなどを展開する「AVILEN」が「三菱UFJ信託銀行」と資本業務提携
2022年9月1日、株式会社AVILENは、三菱UFJ信託銀行株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 AVILENは、法人・個人向けのDX・AI人材育成事業や、DXコンサルティング…
パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」運営の「WORKOUT」が資金調達
2019年12月9日、株式会社WORKOUTは、資金調達を実施したことを発表しました。 パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」を運営しています。 2019年12月現在、関東地域を拠点にグループ2…
老舗料亭「仕出し割烹しげよし」運営の「寿美家和久」が資金調達
2022年6月20日、株式会社寿美家和久は、資金調達を実施したことを発表しました。 寿美家和久は、明治10年創業の料亭「仕出し割烹しげよし」の運営や、「仕出し割烹しげよし」フランチャイズ事業、料理宅配…
歯科医師など専門家向け歯科専門情報サイトなどを運営する「WHITE CROSS」が資金調達
2022年7月8日、WHITE CROSS株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 WHITE CROSSは、歯科医師をメインターゲットとした歯科専門情報サイト「WHITE CROSS」、ク…

大久保の視点

明治大学でビジコン開催!優勝は明治大学文学部1年の大神千朋さん・多様性支援のDelquiデルクイ
2023年3月15日(水)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第1回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われた。 明治大学の各学部…
(2023/3/15)
「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集