デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が出資・支援先のスタートアップの公募を開始

2020年3月25日、株式会社Sun Asteriskは、シード〜アーリー・ステージを対象としたスタートアップの募集を開始したことを発表しました。

Sun Asteriskは、2020年3月現在、国内外のスタートアップ15社に出資しています。

さらなるスタートアップの創出に向け、2020年内の10〜20社に対し、出資と技術支援をすることを決定しました。

Sun Asteriskは、「Build」と「Boost」の2つのプログラムを実施しています。

「Build」
対象:法人設立前、もしくは100%独資のスタートアップ
提供あセット:事業アイデアのブラッシュ・アップ、事業戦略・資本政策のアドバイス、開発リソースの無償提供、DevOpsツールの無償提供、オフィス環境無償提供、法人設立時の資本参加(MAX20%)・J-KISSでのファーストラウンド出資など

「Boost」
対象:アーリー〜ミドルステージでの資金調達検討中かつ、Sun Asteriskのアセットを活用したいスタートアップ
提供アセット:事業戦略、資本政策のアドバイザリー、開発リソースのディスカウント提供、DevOpsツールの無償提供、PR・広報・採用・BAO機能のベスト・エフォート提供、上限5,000万円/社の資本出資

Sun Asteriskは、国内外に総勢1,500名のエンジニア、デザイナー、戦略コンサルタントなどを抱える、デジタル・クリエイティブ・スタジオです。

既存事業や業務のDX=デジタル・トランスフォーメーション(Digital Transformation)を実現するため、上流コンサルティング、開発実装、独自のMVP開発パッケージ商品の提供などを行っています。

スタートアップの立ち上げのために、資金や技術を提供し、深く関わりながら成長させていくビジネスを、スタートアップ・スタジオと呼びます。

ビジネス・モデルとしてはベンチャー・キャピタルと似ており、成長後に株を売ることで利益を得ますが、VCより深く関わることを特徴としています。

スタートアップ・スタジオはまだ日本では馴染みが薄いかもしれませんが、世界的に起業が多くなっていることから、伸びている領域です。

スタートアップの成長には、資金調達が欠かせません。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCからの出資を受けるため方法など、資金調達に関わるノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ Sun Asterisk スタートアップ プログラム 公募 出資 株式会社
詳細はこちら

Sun* 、スタートアップスタジオとして産業のデジタライゼーションを促進するスタートアップの公募開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ