カスタム・サラダ専門店運営の「クリスプホールディングス」が5億円調達

2020年2月25日、株式会社クリスプホールディングスは、クリスプホールディングスを株式移転完全親会社、株式会社クリスプおよび株式会社カチリを株式移転完全子会社とする株式移転を行い新会社として発足し、三菱商事株式会社に対し調達金額約5億円(出資比率:18.4%)となる第三者割当増資を行ったことを発表しました。

クリスプは、カスタム・サラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」や、オフィス・デリバリー事業「CRISP BASE」などを展開しています。

また、店舗スタッフなど人間にしか不可能である“ファンをつくる”行動に多くの時間を使えるよう、注文・決済などの作業をデジタル化し、また顧客をオンライン化することで、パーソナライズされた顧客体験を提供可能としています。

今回の資金は、カスタム・サラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」のテクノロジー基盤の強化、デリバリー事業「CRISP BASE」の本格展開、SaaS事業「PLATFORM」の開発費に充当されます。

飲食業界の課題を解決するためにはテクノロジーの導入が必要ですが、根本的な導入にはサービスの提供形態の変更が必須で、顧客の協力がないと成り立ちません。

クリスプは業務効率化と同時に、顧客体験の向上も図っているところが特徴的です。

また、飲食業界は、実店舗を持たずデリバリーを活用して料理を届ける、ゴースト・レストラン(クラウド・キッチン)という新たな業態も誕生していますので、参入のチャンスかもしれません。

冊子版創業手帳」では、さまざまな起業家のインタビューを掲載しています。成功している起業家の思考を知ることは、新たなビジネスを生み出すことに役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CRISP BASE CRISP SALAD WORKS クリスプホールディングス 専門店 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集