都市型農園の社会実装を目指す「プランティオ」が1.5億円調達

2019年6月27日、プランティオ株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

野菜栽培用IoTプランターと、専用アプリを活用することで、SNSのようなコミュニティとエンターテインメント要素を兼ね備えた、新しい農業体験の実現を目指しています。

商業施設やオフィスビルなどの屋上にある植栽などを菜園化し、シェア型コミュニティ・ファーム(IoTファーム)を開発しています。

IoTファームのプロトタイプとして、「恵比寿プライムスクエアタワー」に「SUSTINA PARK EBISU PRIME(サスティナ・パーク・エビス・プライム)」を開設します。

<創業手帳・創業者 大久保幸世の視点>

都会の新しい「土地」を開拓できるか?
屋上菜園は、良いアイディア。土地の有効活用、ストレス解消だけでなく、ヒートアイランド減少にも効果があるのではないだろうか。
先日韓国ソウルに出張に行った際に、屋上を公園などにして活用しているビルが多く見受けられた。安全対策やリスク管理の厳しい日本では、都市の屋上活用は進み方が遅いように感じる。日本の屋上はほぼ活用されていない。そんな遊休地に対して、今後、同社が、都市の屋上緑化という、都会に残された広大なフロンティア(開拓最前線)をどう開拓していくか注目したい。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計150万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT SNS プランティオ 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ