視覚障害者の“読む能力”を拡張する眼鏡開発の「オトングラス」が「JINS」から資金調達

株式会社オトングラスは、株式会社ジンズから資金調達を実施したことに併せて、株式会社ジンズとの事業協力を開始したことを発表しました。

オトングラスは、視覚障害者を主な対象ユーザーとして、眼鏡に内蔵したカメラで撮影した文字をクラウド上の画像処理エンジンを用いて音声に変換する「OTON GLASS」の開発に取り組んでおり、2017年からは受注生産による「OTON GLASS」の個別販売も開始しています。

ジンズとの事業協力により、眼鏡のつるに取り付けるアタッチメント型の新モデルを開発しました。

株式会社オトングラス 代表取締役 島影 圭佑氏のコメント

今回のニュースについて、株式会社オトングラス 代表取締役 島影 圭佑氏よりコメントが届きました!

島影 圭佑(しまかげ けいすけ)
株式会社オトングラス 代表取締役。

起業家, 研究者, デザイナー。筑波大学 落合陽一研究室 助教。JST CREST xDiversity。慶應義塾大学 博士課程。
専門はデザインリサーチ, インクルーシブデザイン, スペキュラティヴデザイン, ファブ, HCI。
ー「OTON GLASS」開発に至った経緯はどのようなものでしたか?

島影:開発のきっかけは、私の父の失読症です。
2012年に父が脳梗塞を発症し、言語野(げんごや)に傷がついてしまい、文字を読むことだけができなくなってしまったのです。
そこで、父の読みをサポートするためのデバイスを開発することに決めました。それが「OTON GLASS」です。

ー今回の資金調達・事業協力について、目的はなんでしょうか?

島影:文字を読むことに困難を抱えるすべての人に「OTON GLASS」を届けるというミッションを遂行するために、眼鏡の製造販売や、眼鏡型のウェアラブル機器「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」開発の実績を持つJINSと対話を重ねてきました。その際に、両社のビジョンが共鳴するものであったことため、今回の事業協力が実現しました。

今後は量産化に向けた体制作りや、眼鏡のかけやすさ・デザイン性の向上など、JINSのノウハウを活かした支援を多くの面で受けながら、事業の成長に取り組んでまいります。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 提携関連のニュース 研究開発型ベンチャー関連のニュース

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

「スカイランドベンチャーズ」が共同投資プログラム「SVコインベスタープログラム」を開始
2019年7月11日、スカイランドベンチャーズ株式会社(SV)は、「SVコインベスタープログラム」を開始したことを発表しました。 また、スカイランドベンチャ…
(2019/7/17)
コワーキング・スペース「fabbit神戸三宮」がオープン
fabbit株式会社は、2019年7月5日に「fabbit神戸三宮」をオープンしたことを発表しました。 スタートアップ向けのコワーキング・スペース「fabb…
(2019/7/16)
「スペイシー」が100円均一のコワーキング・スペース「100円スペイシー」を開始
2019年7月10日、株式会社スペイシーは、「100円スペイシー」を2019年7月10日から開始することを発表しました。 「100円スペイシー」は、1時間1…
(2019/7/16)
給料即日サービス「Payme」の「ペイミー」が7億円調達
2019年7月8日、株式会社ペイミーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 給与即日払いサービス「Payme」を運営しています。 企業の勤怠…
(2019/7/16)
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営してい…
(2019/7/10)

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)