人の動作を補助する”マッスルスーツ”を開発・販売する「イノフィス」が8億円調達

company

2019年2月13日、株式会社イノフィスは、8億640万円の資金調達を実施したことを発表しました。

装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ」の開発・販売など、人の動作を助ける装置の開発に取り組んでいます。

今回の資金は、新製品の開発投資や、さらなる販促活動の実施、香港や台湾の企業とパートナーシップを組んだ海外展開に充当されます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 海外展開 研究開発型ベンチャー
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社ログバーがウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」を2018台限定で先行販売決定!
株式会社ログバーは、自社で展開するウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」を、2017年12月6日(水)より2018台限定で販売することを発表しました。 「ili(イリー)」は2017年6月から行…
排泄予知デバイス「DFree」の開発元がNEDOから最大7000万円の助成金を獲得
トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社は、最大で7,000万円の助成金の受領が決定したことを発表しました。 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の、「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携…
ドローン用ソフトウェア開発の「CLUE」が3.3億円調達
平成29年11月15日、株式会社CLUEは、総額3億3000万円の資金調達を実施したと発表しました。 ドローンの自動飛行制御やデータ管理・加工を行うためのソフトウェアを企業向けに提供しています。 ドロ…
イエバエを活用し有機廃棄物を肥料・飼料化の「ムスカ」が大手商社の「丸紅」と提携
2019年3月1日、株式会社ムスカは、丸紅株式会社と戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。 ムスカは、選別交配を重ねたイエバエを使って、生ゴミや糞尿などの有機廃棄物を約1週間で肥料・飼料…
パーソナル人工知能開発の「オルツ」が資金調達
2019年4月1日、株式会社オルツは、資金調達を実施したことを発表しました。 P.A.I.(パーソナル人工知能)の「al+(オルツ)」を開発しています。 P.A.I.とは、人間の意思をデジタル化・クラ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ