注目のスタートアップ

旅行に関するオフライン体験をDXするシステムなどを提供する「aipass」が2億円調達

company

2022年10月26日、aipass株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社Coral Capitalと栖峰投資ワークス株式会社です。

aipassは、旅行に関するオフライン体験をDXするExperience System「aipass」と、ホテル向け「aipass for hotels」を展開しています。

「aipass」は、旅行者と従業員、それぞれの体験を設計し、最適な機能を提供することで、旅行事業者の経営課題の解決とDXを実現するシステムです。

事業者側の効率化・売上向上を実現する“事業設計”、業務支援・接客支援・集客支援といった“運用設計”、顧客体験を向上させる“体験設計”の3つの視点から旅行・宿泊業のDXを支援しています。

今回の資金は、プロダクト開発、組織体制の強化に充当します。

国土交通省観光庁の「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究」によると、コロナ以前の国内旅行消費額は、ここ10年は約20兆円で推移しています。

インバウンド需要が取り上げられる宿泊・旅行業ですが、国内需要だけでも相当巨大な市場であることがわかります。

国内旅行では、現地での体験(アトラクション・レジャー・観光施設など)や宿泊体験が重要な目的となります。

こうした体験を提供する事業者は、遊園地を運営する大規模な事業者から、カヌー体験など小規模な事業者など、多種多様な事業者が存在しています。

近年はデジタル化・DXが推進されていますが、業務効率化だけでなく付加価値を高める取り組みの重要性が増しています。一方で、宿泊・旅行業では大規模なデジタル化に投資できる余裕がない事業者も数多く存在しています。

aipassは、宿泊・旅行業において、業務効率化と旅行者の体験の双方を向上させる「aipass」を提供し、宿泊・旅行業を中心としたDX推進に貢献しています。

aipass株式会社のコメント

このニュースを受けまして、aipass株式会社 代表取締役 辻慎太郎氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

資金調達の主な目的は、私たちが宿泊事業者を中心に提供をしていExperience System『aipass』の機能開発強化及び、組織体制の構築です。

・今後の展望を教えてください。

これまで宿泊事業者を中心としたプロダクトを提供していくことでDXを推進してまいりましたが、今後はさらに旅行に関わるオフライン事業者の経営課題を解決し、より良い体験を創造していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

アイパスは2022年11月13日で創業3年目を迎えるにあたり、導入施設数が300施設、28,000室を突破するなど、成長を続けてまいりました。

今後も「Making Experience better for everyone.」をミッションに、旅行を中心としたオフライン事業者の課題解決と体験設計を実現するサービスとして、プロダクト開発と組織体制の強化を進めてまいります。

今後ともご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ aiPass aipass for hotels DX Experience System HotelStyle OS アイパス オフライン ホテル 体験 効率化 宿泊 宿泊業 旅行 旅館 株式会社 観光 顧客体験
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療相談アプリ「LEBER」運営の「AGREE」が4.3億円調達
2020年2月5日、株式会社AGREEは、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を運営しています。 医師による、症状に合った、“近隣の…
経済的な支援策をまとめた情報サイト「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)がリリース
2020年6月8日、株式会社POTETO Mediaは、「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)をリリースしたことを発表しました。 「POTETO コロナ対策特集」は、新型コロナウイルス感…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…
Web3領域の技術をベースに個人主権型ライフログプラットフォームの構築を目指す「UPBOND」が資金調達
2024年4月5日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、バリューコマース株式会社です。 UPBONDは、ブロックチェーンやDID/VC(Verifiable Cr…
住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」運営の「MFS」が6.3億円調達
2021年2月15日、株式会社MFSは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】