タンパク質由来の次世代繊維素材開発の「Spiber」が50億円調達!

2018年11月28日、Spiber株式会社は、総額50億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)などです。

クモ糸人工合成の研究成果を活用し、タンパク質由来の次世代繊維素材「QMONOS」を開発し、量産技術の確立に成功しています。

また、「QMONOS」の本格的な量産化に向け、発酵・精製プロセスを担うマザープラントとして、タイ国東部のラヨーン県に位置するイースタンシーボード工業団地に量産設備の建設を決定したことも発表しました。

Spiber株式会社 担当者のコメント

今回の資金調達について、Spiber株式会社の担当者よりコメントが届きました。

ー起業の経緯について教えてください。

2004年9月より慶應義塾大学先端生命科学研究所にてクモ糸人工合成の研究を開始しました。
これを事業化し、持続可能な次世代の基幹材料として期待されるタンパク質素材の産業化を目指して、現取締役兼代表執行役の関山は博士課程在学中の2007年9月に学生時代の仲間である菅原と共に当社を設立しました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

主に初の量産プラントとなるタイのプラント新設と鶴岡紡糸プラントの増強です。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

多くのメディアに取り上げていただき、様々なお問い合わせを頂戴しております。
地球規模で意味のある貢献をするためのファーストステップとして、このプロジェクトに全力で取り組んでまいる所存です。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 研究開発型ベンチャー関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集