超小型人工衛星開発の「アクセルスペース」が25.8億円調達

2018年12月7日、株式会社アクセルスペースは、総額約25億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

重さ60キロググラム程度、大きさ50センチメートル四方の超小型衛星を開発しています。

気象情報サービスのウェザーニューズから受託し、超小型人工衛星の打ち上げに成功しています。

衛星は、低軌道を周回し、気象データや地形データを集積し官公庁や民間企業に販売します。

2017年から本年に延期しておりましたGRUS初号機の打ち上げが、2018年12月27日に正式に決まったことも発表しました。

GRUSは、次世代型超小型地球観測衛星です。

100kg以下と超小型ながら、地上分解能2.5mの地球観測が可能となる衛星です。

これから多数の衛星を投入し、地球の様子を高頻度に観測可能にすることを目標としています。

今回の資金は、2020年に予定されている2機のGRUSの追加打ち上げに充当されます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 研究開発型ベンチャー関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集