超高解像X線イメージ・センサ開発の「ANSeeN」が3億円調達!

2018年11月21日、株式会社ANSeeNは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

X線の最小単位であるフォトン(光子)1つを捉える究極のイメージング(フォトンカウンティング)を可能とする、大画面X線FPD(Flat Panel Detector平面検出器)の量産化を目指しています。

これにより、電子部品欠陥の自動判別や、疾患の早期発見が可能となります。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 研究開発型ベンチャー関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集