ITで21世紀のビールを作る「Best Beer Japan」が1,500万円調達!

平成30年7月31日、Best Beer Japan株式会社は、総額1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

「ITで21世紀のビールを作る」ことを目的としたスタートアップです。

調達には、家入一真氏と梶谷亮介氏が6月に設立したベンチャー投資ファンドNOW、谷家衛氏、Forbes JAPAN CEOの髙野真氏が率いるMTパートナーズ、AppBroadCastを創業した小原聖誉氏が代表を務めるStartPoint、グーグル日本法人で広告事業立ち上げに携わった小川淳氏ら、15のファンドやVC、企業、個人投資家が名を連ねています。

直近の1年は、日本のクラフトビールの流通をよくすることと、オーダーメイドのクラフトビール作りに取り組む予定です。

オーダーメイドのクラフトビールは、ウェブアプリから苦味やホップの量などをカスタマイズできるというもので、プロトタイプを9月末までに始める予定です。

カテゴリ 有望企業
関連タグ IT関連のニュース 新規事業関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集