市場分析エージェント「ホテル番付」の導入に最大50万円の補助金が交付

tips

株式会社空は、経済産業省が推進する「補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」(IT導入補助金)にてIT導入支援事業者として採択されたことを発表しました。

これにより、空が提供する「ホテル番付」を宿泊施設が導入する際、最大50万円の補助金を受けることが可能となります。

「ホテル番付」は、ホテルが販売価格を決める際に必要な周辺施設などの市場情報を、ユーザーに代わって調査・分析し、必要なタイミングで報告・提案を行うサービスです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IT データ分析術 観光

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

トラベル・コンシェルジュの「旅工房」と出張手配管理サービスの「AI トラベル」が業務提携
株式会社旅工房は、株式会社AIトラベルと提携し、法人の利用者へAIを活用した出張手配の予約・管理サービスの提供を開始することを発表しました。 旅工房は、個人向けにコンシェルジュが要望に応じて旅行プラン…
出張フォト撮影サービス運営の「ラブグラフ」が2億円調達
2019年2月6日、株式会社ラブグラフは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 恋人や友達、家族などとの旅行などにプロのカメラマンが同行して写真撮影をするサービス「Lovegraph(ラブグ…
現役エンジニアが指導する実践的プロ・エンジニア養成所「TechTrain」がリリース
2019年1月9日、株式会社TechBowlは「TechTrain(テックトレイン)」を2019年1月7日(月)にリリースしたことを発表しました。 「TechTrain」は、30歳以下でプロのエンジニ…
ITで21世紀のビールを作る「Best Beer Japan」が1,500万円調達!
平成30年7月31日、Best Beer Japan株式会社は、総額1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 「ITで21世紀のビールを作る」ことを目的としたスタートアップです。 調達に…
⾼スペック寒冷地型データセンターの「データドック」が5.2億調達!
平成30年8月21日、株式会社データドックは、総額5億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社メディアハウスホールディング(東京都)、東京重機株式会社(東京都)、与田…

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ