革新的乳がん用画像診断装置を開発する「Lily MedTech」が3.5億円調達!

平成30年3月28日、株式会社Lily MedTechは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

リング型の超音波を用いた革新的乳がん用画像診断装置を開発する、東京大学発の医療機器ベンチャー企業です。

現在、乳がんの検査にはX線マンモグラフィや、超音波エコーなどが使われています。

X線マンモグラフィーには、被曝リスクや、痛み、日本人女性に多い高濃度乳房では乳がんの兆候が見つけづらいという問題があります。

超音波エコーには、技師のスキルにより結果が左右されてしまうという問題があります。

Lily MedTechが開発する装置は超音波であるため、被曝や痛みのリスクはありません。

さらに簡単に扱うことができるため、正確に乳がんの検査ができると期待されています。

今回の資金は、開発の加速と、量産化に向けた社内外の体制の強化に充当されます。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 医療

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集