「業況判断DI、マイナス幅がやや拡大」第140回中小企業景況調査

平成27年6月29日(月)、中小企業庁は、「第140回 中小企業景況調査」を公表しました。

中小企業の景況把握などのため、四半期毎に調査を行い公表されおり、今回、第140回の対象は平成27年4月〜6月で、「全産業の業況判断DIは、2期ぶりにマイナス幅がやや拡大した。」と報告されています。

その他、業況判断DI、売上額DI、採算(経常利益)DI、資金繰りDI、生産設備過不足DIなどがまとめられています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
詳細はこちら

【統計】第140回中小企業景況調査

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

「スカイランドベンチャーズ」が共同投資プログラム「SVコインベスタープログラム」を開始
2019年7月11日、スカイランドベンチャーズ株式会社(SV)は、「SVコインベスタープログラム」を開始したことを発表しました。 また、スカイランドベンチャ…
(2019/7/17)
コワーキング・スペース「fabbit神戸三宮」がオープン
fabbit株式会社は、2019年7月5日に「fabbit神戸三宮」をオープンしたことを発表しました。 スタートアップ向けのコワーキング・スペース「fabb…
(2019/7/16)
「スペイシー」が100円均一のコワーキング・スペース「100円スペイシー」を開始
2019年7月10日、株式会社スペイシーは、「100円スペイシー」を2019年7月10日から開始することを発表しました。 「100円スペイシー」は、1時間1…
(2019/7/16)
給料即日サービス「Payme」の「ペイミー」が7億円調達
2019年7月8日、株式会社ペイミーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 給与即日払いサービス「Payme」を運営しています。 企業の勤怠…
(2019/7/16)
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営してい…
(2019/7/10)

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)