資金調達の奥の手!不動産担保ローンとは。専業大手アサックスを徹底解説

創業手帳

銀行や他社では難しい資金調達も、アサックスの不動産担保ローンなら実現可能!

創業時にはまとまった資金が必要になります。
また、経営をしていると急に資金が必要になることもありますよね。
そんな時に資金調達の候補に入れたいのが「不動産担保ローン」です。
今回は、不動産担保ローンを専業にしているアサックスの、事業者向け不動産担保ローンをご紹介します。
専業かつ一部上場の大手なので選ぶ際には重要な候補です。
金利はいわゆるビジネスローンより低目の料率になり、赤字や古い物件でもOKだったりするので、狙い目の融資です。
資金繰りに困った時に、考えるのが公的融資や銀行融資、そして出資などがありますが、その中でノンバンク系はリスクを反映して金利が高い傾向があります。
アサックスなど不動産担保ローン系は、不動産が必要ですが不動産を担保にしているだけ金利が安いという特徴です。
不動産担保ローンのアサックス利用者やアサックス自身にも実際にどうなのかを聞いてみましたが、やはり金利は銀行よりは高いものの一般的なノンバンク系のビジネスローンより金利が安く、銀行では担保になりにくい古かったり抵当がついている物件でも担保になるというのが隠れた特徴です。
細かめに案件を審査することで、銀行では拾えない案件を拾っており、また、不動産担保ローンの大手であるがゆえに踏み込んだ審査ができるようです。
また、審査が最短1日、融資まで最短3日など非常に早いのが特徴です。銀行融資などでそれなりに時間がかかり間に合わないようなケースでは有効なローンと言えます。
ノンバンク系では、一部上場ということと、メガバンクや大手不動産会社各社と提携している安心感もあります。
それでは不動産担保ローンのアサックスについて、経営者の目線で評判や評価を解説していきたいと思います。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

 

不動産担保ローンの3つのメリット

不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンには、多彩なメリットがあることをご存じでしょうか。
特に注目したい3つのメリットを見ていきましょう。

その1:まとまった金額の融資を長く受けることができる

不動産担保ローンでは、担保となる不動産の価値が融資額に反映されます。
そのため、短期間でまとまった資金を調達することができます
事業者本人の名義だけではなく、家族名義の不動産も活用できるのも嬉しいポイントです。

しかし、まとまった資金の借り入れをすると、返済を短期間で行うのは難しいこともあります。
毎月の返済額が多いと、経営を圧迫してしまうことになりかねません。
不動産担保ローンは返済期間を長く設定できるので、無理なく返済を行えます。

その2:与信に自信がない方でも、不動産の持つ価値がプラスされるので安心

融資審査の際には不動産という担保があるので、一般的に資金融資が通りにくい、直近2期連続赤字や債務超過、リスケ中そして新規事業資金であっても、顧客に合ったファイナンスプランを提案してくれます。
これは、審査時に事業者の与信だけではなく、不動産の持つ価値をプラスして融資を検討しているからです。

その3:無担保融資と比較して金利が低い

不動産は価格の変動が比較的少ない資産です。
安定した担保をもとにしているため、無担保融資と比較して金利が低いのも魅力のひとつです。

不動産担保ローンのアサックスの魅力

アサックスは1969年創業、東証一部上場の独立系ノンバンクです。
不動産担保ローンを専業としており、高い専門性があります。
そのため、融資だけではなく相続や税金など、不動産に関することならなんでも相談できます。
年間1,000件以上の融資実績があり、迅速かつ柔軟な対応が特徴です。

融資額は最大10億円まで可能

銀行系の不動産担保ローンの場合、限度額が数千万円~1億円くらいに設定されていることが多くあります。
しかし、事業資金の場合それ以上の資金が必要になることもありますよね。
アサックスの不動産担保ローンなら、不動産の価値を適正に査定するために、実勢価格を基に査定を実施してくれます
さらに不動産の種類に制限が設けられておらず、最大10億円もの融資を受けることができます

最短3日!急な要望に応えるスピード感

アサックスでは即日審査が可能で、融資まで申し込みから最短3日
迅速な対応なので、急に資金が必要になった時も安心です。
経営をしていると急に資金がいるというのは切実な問題ですよね。
そういったニーズに対処できます。
選択肢として持っておくだけでも安心感が広がると思います。

多様な資金ニーズに対応可能

アサックスの不動産担保ローンは、資金用途が決められていません。
そのため、事業資金や納税だけではなく、既存借り入れの見直しなど多様なニーズに対応できます。

他社では難しい物件でも融資が可能なことも

アサックスの不動産担保ローンの対象となるのは不動産全般です。
例えば、他の金融機関では取り扱いが難しい、借地権付建物や底地物件、そして持分所有の場合でも相談することができます。
また、相続予定の不動産も対象となり相続の相談も可能です。

さらに築年数が古くても、融資を受けられる可能性があります
実際に築40年以上のマンションへの融資事例があります。

ゆとりのある返済期間

不動産を担保にするため、返済期間は最長30年。
短期間の返済では毎月の支払の負担が大きいですが、アサックスなら無理なく返済を行うことができます

銀行ローンとの併用も可能!

自宅マンションや店舗のローン返済を行っている物件の場合、担保にできるか不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
アサックスなら、先順位の一番抵当が銀行ローンに設定されていても、二番抵当で借り入れを行うことができる可能性があります
ローン残債がある物件でも相談できるのも嬉しいポイントです。

創業時でも頼れる

アサックスなら、会社を設立したばかりでも申し込みが可能です。
今後の事業計画や将来性から融資を検討してくれます。
さらに、新規事業資金や独立開業資金にも利用できます。

事業性資金の借り入れが難しい創業時でも相談に乗ってもらえるのは頼もしいですね。

気になるアサックスの事業者向け不動産ローンの融資条件は?


アサックスの融資では、不動産全般を担保にできます。
申し込みにあたっては、アサックス所定の審査があり、審査の結果によっては融資を受けられないもしくは希望額に満たない可能性がありますのでご承知おきください。
申し込みの前に必ず融資条件を確認のうえ、計画的に利用しましょう。

大口案件向けの優遇金利あり!

アサックスは、不動産を担保にしているため金利が低く抑えられています。
借入金額が1,000万円以下の場合、金利は年1.95~5.90%
1,000万円以上の場合には、年1.95~4.80%とさらに安くなります。

また、借入金額が5,000万円以上で契約年数が2年以上の新規借入に限り、固定年利で年率2.90%の優遇金利がスタートし、さらにリーズナブルな価格で利用することができるようになりました。

契約利率以外の融資取扱手数料などの合計を年率計算し、契約利率を加えた「実質年率」は、年15.0%以下です。
融資取扱手数料以外に、印紙代や登記費用などが掛かります。

融資手数料は融資金からの天引きなので、別途用意する必要はありません。

毎月借入金額の1割までは繰り上げ返済も可能

返済方法は元金一括返済もしくは元利均等返済です。

毎月利用金額の1割までは、手数料無料で自由に繰り上げ返済をすることができます。
余剰資金でまとまった金額の返済を行いたい場合には、担当者に相談しましょう。

借入時や完済時の年齢不問

アサックスの不動産担保ローンには、申し込み時や完済時点での年齢制限がありません。
健康な方であれば、誰でも申し込みをすることができるのも嬉しいポイントです。

保証人は原則不要

保証人は原則不要ですが、高齢者が申し込みを行う場合や、本人名義以外の不動産を担保にする場合には、保証人が必要なケースがあります。
その場合には、融資条件提示の際に案内があります。

短期資金を繰り返し利用したい方には「短期事業ローン」

アサックスでは、不動産を担保とした「短期事業ローン」も取り扱っています。
金利や融資期間などの諸条件は不動産融資ローンと変わりません。
短期資金を繰り返し利用したい方や、売掛金の入金が遅れてしまった方、銀行では取り扱いが難しい不動産を購入したい方にピッタリです。

融資枠を設定し、枠内で繰り返し借り入れをした事例


将来的に急ぎの融資が必要となる可能性があるため、事業性資金で必要となる500万円ではなく、1,000万円程度の融資枠を希望した経営者様。
借入金額は短期間で回収できるものの、「必要に応じて融資枠の中で繰り返し利用したい」というニーズがありました。

アサックスでは、審査の結果問題がなかったので、1,000万円融資をすることができる根抵当権を設定した上で、当初必要である500万円の融資を実行しました。

急に資金が必要になった時でも、融資枠を設定しておけば枠内で繰り返し利用できるので安心です。

アサックスの融資までの流れ

アサックスの融資までの流れは、大きく分けて5つのステップがあります。

STEP1:相談・申し込み

来店もしくは担当の訪問で相談・申し込みを行います。
契約までは費用が掛かることはないので、相談だけでも大丈夫です。
不明点や不安なことがある際には、相談の段階で確認をしておきましょう。

相談は店頭だけではなく、電話やWEBフォームからも行うことができますが、お急ぎの場合は店頭相談がお勧めです。

嬉しい訪問対応

アサックスの店舗は、東京・神奈川・埼玉・千葉にあります。
店舗に足を運ぶのが難しい方のために、訪問対応も可能です。
さらに、平日は時間が取りづらい事業主の方のために、土曜日にも対応してくれるのも魅力のひとつです。

店舗の受付時間は平日 8:00~20:00、土曜日は9:00~17:00です。

申し込み時の必要書類

申し込みをする際に必要なのは、本人確認書類と収入を確認できる書類です。
本人確認書類は運転免許証・パスポートなど、収入を確認できる書類は決算書や確定申告書などです。

STEP2:与信調査・担保不動産の調査

申し込みを行った方の与信調査と、担保となる不動産の調査を実施します。
調査に基づきアサックスが担保価値を評価すると共に、返済能力の確認をおこないます。

調査の結果によっては、希望通りにならないこともありますのでご承知おきください。

STEP3:審査・条件提示

調査の結果を審査し、融資条件の提示があります。
保証人が必要なケースなどは、この際に提示されます。

STEP4:契約書の作成

融資に関する契約関係の書類作成を行います。

STEP5:融資実行

契約時に指定した銀行口座に融資金額が振込まれます

不動産会社・士業の方は、アサックスでより可能性が広がる


仲介業や建売業そしてハウスメーカーなどの不動産業の方は、お客様の不動産購入資金のご相談を受ける方も多いと思います。
アサックスの不動産担保ローンなら、年齢・勤続年数・年収制限などを気にすることなく、不動産を担保にした資金調達が可能です。

また、弁護士や税理士、会計士にコンサルタントなどの士業の方は、クライアント企業の多岐にわたる資金の悩みを銀行などで解決するには限界があると思います。
アサックスの柔軟な対応なら、他社では難しい資金調達が可能になるケースも。

不動産会社や士業関係の事業の立ち上げをお考えの方は、ご自身の資金調達だけではなく、お客様やクライアント企業の資金調達にもアサックスが活躍してくれます

不動産担保ローンはオーダーメイド商品

不動産担保ローンは、申し込みをした本人の与信能力だけではなく、不動産価値も融資金額に関わるオーダーメイドです。
アサックスなら、東証一部上場で創業50年を超す不動産担保ローンの専門家なので、安心してお任せできます。
金利が安く、柔軟な審査で最大10億円までの融資を受けられるアサックスの不動産担保ローン
忙しい方のために店頭だけではなく訪問対応も行っていますので、気になる方は相談してみてください。

創業手帳では、これから起業なさる方や創業間もない経営者の方に「創業手帳(冊子版)」を、無料でお届けしています。
起業家に嬉しい情報が詰まっていますので、お気軽にご請求ください。
関連記事
負債なのに負債じゃない資本性劣後ローンとは?
【税理士監修】事業計画書とは?4つのメリットや注意点、書き方解説!事業計画書は起業や資金調達の成功ポイント

(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ