ベンチャーキャピタリストは「起業家」のココを見る

創業手帳

ベンチャーキャピタリストが考える「良い起業家」の条件とベンチャーキャピタルから出資を受ける3つのメリット

ベンチャーキャピタルとは何だろうか。ベンチャーキャピタル(以下VC)とは、創業間もないベンチャー企業に対して投資を行う投資会社をさす。多くの場合、出資を受けたベンチャー企業は、返済の必要がない多大な資金を無償で調達することができる。

では、VCがベンチャー企業に出資する目的は何か。それには「株式公開」が関わっている。VCが出資するのは、通常今後の急成長が見込まれるベンチャー企業である。VCは出資した企業の株式公開により手持ちの株式を売却することで利益を得ているのである。

そのため創業間もない企業が出資を受けるためには「成長性のある将来有望なベンチャー企業であること」が最低条件になる。逆にいえば、これから急拡大する市場を狙ったビジネスや、大きな夢を描いている起業家にはうってつけの資金調達の仕組みだ。

ここでは、ベンチャーキャピタリストが考える「良い起業家」の条件や、VCから出資を受けるメリットなど、起業家が気になるポイントについて、現在多くのベンチャー企業投資に携わっている サイバーエージェント・ベンチャーズ ヴァイスプレジデントの竹川氏にお話を伺った。

本文を読む

竹川 祐也
1975年広島県広島市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。証券会社のリテール営業、人材紹介会社勤務から人材紹介会社立ち上げ、証券会社VC部門、ベンチャー企業CFO/CEOを経て2012年サイバーエージェント・ベンチャーズへ入社。ベンチャーキャピタリストとして主に日本国内及び米国・東南アジアのシードステージの投資に携わる傍ら、事業会社とスタートアップのオープンイノベーションコミュニティ”CROSSOVER”の立ち上げ、シリーズA以降のスタートアップ向けピッチイベント”RISING EXPO”のプロデューサー等を経て、2014年シード特化型ファンドSeed Generator Fund(シード・ジェネレーター・ファンド)を創設、主に起業/創業前〜起業直後のシードステージ起業家への出資・ハンズオン支援を行っている。Blog:https://www.venturising.com/
ezeirisi_sidebanner sogyotecho-get-banner2_299_80

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す