憧れだけでは続かないカフェ開業・経営のポイントとは?

創業手帳

医療と病気に関心をもてるカフェの空間を -「みのりcafe」オーナーが語るカフェ開業に込められた想いと親しまれるカフェ経営の秘密

粋な飲食店が点在する東京は根津。そこに知る人ぞ知る粋なカフェがある。創業7年目になる「みのりcafe」を始めたのは、オーナーの鈴木信行さんだ。のぶさんと親しまれるオーナーに、飲食店の中でも「客単価が低いため経営が難しい」と言われるカフェ開業の起業ストーリーとカフェ経営の秘訣を聞いた。

鈴木信行さん01

本文を読む


鈴木 信行(すずき のぶゆき)
みのりcafe オーナー
1969年、神奈川生まれ。カフェ経営だけでなく、医療系企業や学校などでの講演活動、専門誌への執筆など幅広い活動を行っている。患医ねっと代表、日本二分脊椎症協会元会長、精巣腫瘍患者友の会副代表など
 

生まれつき障がいをもって生まれた「自分にしかできないこと」って何だろう?

 

鈴木氏は、大学で電子工学を学び、新卒で製薬会社に入社。退社した翌年に起業し、「みのりcafe」をオープンした。2008年に鈴木氏が起業に踏み切って「みのりcafe」をオープンさせたきっかけは、働く中で生まれた一つの問いだったという。

鈴木:僕は生まれつき身体に障がいをもっています。さらに大学生の時には癌になりました。そのような背景もあり、卒業後は医療に関わる仕事がしたくて製薬会社へ入りました。でも、次第に“このままでいいのか”と疑問をもつようになったんです。

「誰でもできることではなく、自分にしか出来ないことってなんだろう?」−−そう考えたとき私は、「患者さんや一般の人が、医療や病気に関心をもてる場をつくりたい」と思いました。わたし自身、大学生のときに癌になりましたが、それまで癌になるなど思ってもいなかったので、医療への思慮が薄かった分、受けたダメージが大きかったんです。
IMG_2368
「一般の人も医療に関心をもてる場」があれば、その人が病気になった時もそれを乗り越えやすくなるかもしれません。それに、医療的な知識があれば、多くの人が医療機関をより有効に活用できるようになると思ったのです。

ただ、私が考えているのは、そういう場を「研修施設」としてつくるのではありません。街中にある「ふつうのカフェ」としてつくりたい。目指しているのは、ふつうに入ってカフェを楽しんでいると、自然と、医療などにも関心をもてるような場所です。

IMG_2395—入り口も店内も、至ってふつうな、素敵なカフェ空間がある

 

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す