チームの生産性を一気に高めるミーティングの方法

創業手帳

【森時彦氏インタビュー】ビジネス書のロングセラー『ザ・ファシリテーター』著者が語る、チームの生産性を一気に高めるミーティングの方法とは?

TheFacilitator_fig02

ザ・ファシリテーター[単行本]

生産性が高い「良いチーム」を作るにはどうすれば良いのだろうか。また、そのためのミーティングの方法に悩んでいるリーダーも多いのではないだろうか。
事業再生を数多く手がけ、『ザ・ファシリテーター』シリーズでファシリテーションの有用性を一躍世に広めた森時彦氏に、リーダーが実践すべきことを聞いた。

本文を読む


森時彦氏プロフィール写真

森 時彦(もり ときひこ)
株式会社リバーサイド・パートナーズ 代表パートナー。大阪大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒。工学博士(Ph.D)、経営学修士(MBA)。 神戸製鋼所を経て、GE(ゼネラル・エレクトリック)に勤務。テクノロジーリーダー、マーケティング・リーダー、GE Japan役員などの様々な分野のリーダーシップポジションを経験。その後、半導体用自動検査装置最大手 テラダイン社の日本法人の代表取締役を経て、2007年から現職。リバーサイドは、成長支援型のプライベートエクイティファーム。日本法人は同ファームへの投資アドバイスと企業価値向上を業務とする。

課題を解決するミーティングの方法とは

−ミーティングは往々にして「課題を解決するため」に行うことが多いと思います。何かの課題を解決するためのミーティングで行うと良いことはありますか?

:何か課題がある時にまず行うとよいのは、「問題文を書く事」です。自分たちが取り組もうとしている問題は具体的に何なのか、明確に言語化することです。

例えばある病院の経営者が、経営悪化のため、外科医に対して「年間の手術数を500件から600件に増やせ」と要求したとします。自分が外科医だとしたら、ただでさえオーバーワークで疲れきっているのだからそんなの無理だと思うでしょう。しかし、問題文を書き換えるだけで、無理な問題が解決可能な課題に変わります。

難しいと感じてしまうのは、「手術数を500件から600件に増やす(2割増やす)ためにどうするか?」と考えているからです。考え方を変えれば、これは「自分たちの時間を2割、手術に使うにはどうすればよいか?」という問題に書き換えられます。言い換えれば「自分の時間の使い方を見直して、自分がする必要のない仕事を減らし、2割の時間を捻出すれば良い」のです。このように発想を変えると、問題を解く手順が変わってきます。

自分の時間の使い方を見直すためには、プロセス・マッピングを用いるとよいでしょう。プロセス・マッピングでは、会議の出席や書類の作成、論文の用意など様々な仕事のプロセスを因数分解します。そうして「自らがすべきこと」と「必要のないこと」を分け、省くことができるプロセスをみつけます。このようにプロセスを可視化すると削れる部分が見えてきます。

プロセス・マッピング

プロセス・マッピング:プロセス・マッピングとは、業務の流れのプロセスを書き出してマッピングし、問題点を探す手法である。マッピングすることで業務の流れが明確に可視化され、「省略」「簡略化」あるいは「組み替え」ができるような工程が特定しやすくなる。(「創業手帳編集部」が作成)


 

−まずは「問題を解ける形に言語化する」ことが大切なのですね。では次に、その問題に対して良い解決アイデアを生み出すにはどうすればよいのでしょうか?

良い解決アイデアを生み出すために必要なことの1つは、その場で集まっていきなりアイデアを考えださないことです。なぜなら、良いアイデアは議論が終わってから出る場合が多いからです。よく、ミーティングでブレインストーミングする時、その時は良いアイデアが出なかったのに、帰りの電車のなかで「あっ!」とひらめくことがありますよね。ブレインストーミングやアイデアを出す時というのは、頭をかき回して温めるだけでなく、それを「冷ますプロセス」も必要です。

『考具』という本を書いた加藤 昌治さんというアイデア出しの天才がいるのですが、彼はミーティングの前に「一人ブレスト」をしてから来ます。良いアイデアを出せる人というのは、事前に考えて来ているんです。具体的には、A4用紙1枚で、その日の議題について考えてきたものを元にミーティングをするだけで、会議の質は一気に上がると思います。

−ブレインストーミングをしていてよく目にする光景なのですが、アイデアがたくさん出すぎてしまい、時間内に上手く収束しないことがあります。この場合はどうすればよいのでしょうか?

:そのような場合は、「やりやすさ × 実現したときの効果」で2軸のマトリクスを書くと良いです。そうすると4象限できますが、そこに自分のアイデアを分類し「やりやすい」かつ「実現したときの効果が高い」ものを議論します。これはペイオフマトリクスと言われている方法です。

ペイオフマトリクス|とあるラーメン屋の例

ペイオフマトリクス|とあるラーメン屋の例:ペイオフマトリクスとは、ブレーンストーミングなどで出てきた多数のアイデアの中から有力なアイデアを絞り込む手法である。アイデアを「難易度」×「効果」の2軸のマトリクスの中にマッピングすると、実行しやすく高い効果が見込まれる(図中の赤点線で囲った部位にマップされた)アイデアが有力なアイデアとなる。(「創業手帳編集部」が作成)


 

  • 何か解決すべき問題がある時には、まず「問題が何か?」を具体的に考え、解決しやすいように文章化する。
  • チームで良いアイデアを生み出すためには、ミーティングの前に各自A4用紙1枚でそのテーマについて考えた物を持参する。
  • アイデアが拡散しすぎた場合には、ペイオフマトリクスを利用して「やりやすい」かつ「実現した時の効果が高い」ものから議論する。

 

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す