株式会社夢育て 前川 哲弥 | 知的障がいのある方の夢を育てる事業展開が注目の企業

知的障がいのある方の夢を育てる事業展開で注目なのが、前川 哲弥 さんが2020年に創業した『株式会社夢育て』です。
知的障がいのある方の夢を育てる事業展開は、誰も取り残されない社会の実現に向けても注目が高まっています。

今回ご紹介する『株式会社夢育て』の『コインケースの開発』事業の特徴は、
数字を”量”として把握できず、お金を自分で使うことが出来ない人でも、
「硬貨の種類・枚数」⇔「金額」の変換が比較的容易になり、
①レジでの清算における不安を減らす ②苦手意識をやわらげる ③買い物経験を増やすことに繋がり、社会的な自立を促すきっかけになるというところです。

『株式会社夢育て』の前川哲弥さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

以下のような特徴を持つコインケースです。
① 左から100の桁、10の桁、1の桁とアラビア数字と同じ順に並んでいて、硬貨⇔数字間の変換がしやすいこと。

② 各硬貨が丁度桁が変わるまでの枚数(10枚or2枚)収納され、硬貨を貯めがちな方が、まとめて支払いしやすいこと。

③ 主要な3硬貨(百円、十円、一円)を手前に、補助的な3硬貨(五百円、五十円、五円)を奥に配置することで数字に変換し易く、二つ折りしてコンパクトになること。

④ 開くとまっすぐになるので、レジ前に置いたり、片手で持って、硬貨を出し入れしやすいこと

⑤ 色付きゴムを変えることで、気軽に持ち手の個性を出せること

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

メインターゲットは、お金を自由に使うことのできない知的障がいのある方。その他、視覚障害の方、認知症の方、お子様の知育など、ユニバーサルデザインです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

自分でお金を使えない知的障がいのある人に、お金が使えるようになってもらい、自立に向けて踏み出してもらうこと。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

アイデアを形にするために、様々な方々に、強みを持ち寄って貰い、協力して解決に至ること。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

障がいのある人の夢を育てる会社です。このコインケースの次には、人材育成型の農福連携事業を興したいと考えています。

・今の課題はなんですか?

クラウドファンディングを成功させること。是非、ご協力ください https://readyfor.jp/projects/yume-sodate 

・読者にメッセージをお願いします。

お金が使えない知的障がいがある方など、コインケースを必要とされている当事者、ご家族、支援機関、教育機関などの方が周囲におられましたら、是非、自立に向けて一歩踏み出して頂けるよう、このコインケースをご案内下さい。

会社名 株式会社夢育て
代表者名 前川 哲弥
創業年 2020年
事業内容 障がいのある人の夢を育てるサービス
代表者プロフィール 1962 年大阪生まれ。世田谷区在。 京都大学農学部卒、
パリ国立農学院経営学修士(現 AgroParisTech)
農林水産省1988~2005、
経済協力開発機構(OECD)環境局 1997-2001
丸嘉運輸倉庫株式会社代表取締役、
株式会社夢育て代表取締役、
NPO 法人ユメソダテ理事長、
一般社団法人農福連携協会アドバイザー
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クラウドファンディング ユメソダテ 前川 哲弥 夢育て 特別支援教育 知的障害 知育 視覚障害 障害者支援
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「丸井グループ」とクラウドファンディングの「CAMPFIRE」が資本業務提携
2020年11月17日、株式会社丸井グループは、株式会社CAMPFIREと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 CAMPFIREは、国内最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAM…
行政・地方公共団体向けソリューション提供「SBプレイヤーズ」が「CAMPFIRE」と資本業務提携
平成30年7月24日、SBプレイヤーズ株式会社は、株式会社CAMPFIREと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 SBプレイヤーズは、ソフトバンクグループの企業で、行政・地方公共団体向けソ…
クラフト・ドリンク特化のクラウドファンディング「ふぁんドリ」と「宇都宮ブルワリー」が業務提携
2020年12月15日、株式会社ふぁんドリは、宇都宮ブルワリー株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ふぁんドリは、クラフト・ドリンクに特化したクラウドファンディング・プラットフォーム「…
新型コロナウイルス対策として「ネットで資金調達」。お申込みから入金まで全て遠隔から可能に
株式会社日本クラウドキャピタル(以下JCC)は、お申込みから入金までの資金調達の全プロセスをオンラインを活用して遠隔でも完結することができるよう体制を強化しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて…
“海の気球”での海中旅行を目指す「OCEAN SPIRAL」がクラウドファンディングで1,305万円調達
2019年9月12日、OCEAN SPIRAL株式会社は、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」で、過去最短記録となる1分54秒で1,305万円の資金調達を実施したことを発表しました。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ