注目のスタートアップ

株式投資型クラウドファンディングサービスなどを運営する「FUNDINNO」が「パーソルホールディングス」から資金調達

company

2022年8月17日、株式会社FUNDINNOは、パーソルホールディングス株式会社から、新株予約権による資金調達を完了したことを発表しました。

パーソルグループのパーソルベンチャーパートナーズ合同会社によって新設された「雇用創造ファンド」による出資です。

「雇用創造ファンド」は、将来1,000名を超える規模に組織を拡大し、日本の雇用を牽引するようなメガベンチャーを対象に投資を行い、資金の支援だけでなく、組織拡大に必要なノウハウや採用支援などを行っています。

FUNDINNOは、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」や、クラウド経営管理ツール「FUNDOOR」、未上場株のマーケット「FUNDINNO MARKET」を提供しています。

今回の出資を通じ、FUNDINNOはパーソルグループが保有する採用支援ノウハウの提供を受け、全国のスタートアップの成長支援を進めていきます。

株式投資型クラウドファンディングとは、スタートアップやベンチャー企業などの未上場企業が未公開株式を発行し、多数の投資家から資金調達するクラウドファンディングのことです。

通常、スタートアップなどの未上場企業の株式を取得できるのは、VCやエンジェル投資家に限られています。これはある程度の資金とスタートアップとつながることができる人脈などが必要となるからです。

一方で、スタートアップは資金調達の機会や選択肢が限られていることが課題となっています。

そのため、個人投資家にもスタートアップへの投資機会にアクセスできる環境を提供することと、スタートアップの資金調達の選択肢を増やすため、株式投資型クラウドファンディングが注目されました。

FUNDINNOは、2017年から株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を開始しています。累計成約額は約86億円となっています(2022年8月時点)。

また、さらにベンチャー投資を活性化するため、未上場株式のセカンダリーマケット(未上場株式を売買できるプラットフォーム)である「FUNDINNO MARKET」を2021年12月から開始しています。

今回のパーソルグループから採用支援ノウハウの提供を受け、スタートアップに対し、人材面での成長支援を行っていくとしています。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計200万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FUNDINNO FUNDOOR UNDINNO MARKET クラウドファンディング パーソル 株式会社 株式投資 資金調達 雇用創造ファンド
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」が開催 申込締切・11/5
2021年10月15日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」のエントリーを開始したことを発表しました。 「X-…
日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo」運営の「ボンド」が資金調達
2019年11月29日、ボンド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 日本語学に特化した動画学習プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営しています。 また、日本で働くた…
代理店などパートナー企業との共同営業を支援するSaaS「Hiway」を運営する「ハイウェイ」が1.2億円調達
2022年7月21日、株式会社ハイウェイは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハイウェイは、代理店などパートナー企業との共同営業を支援するSaaS「Hiway(ハイウェイ…
オンライン自動車プラットフォーム「モタガレ」運営の「MiddleField」が5.8億円調達
2020年10月13日、MiddleField株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古車の購入からカー・パーツの購入や取付までをトータル・サポートするオンライン…
クラウド郵便管理サービス「atena」提供の「N-Technologies」が2,500万円調達
2020年9月14日、株式会社N-Technologiesは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、Coral Capitalを引受先としたJ-KISS型新株予約権方式による…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ