注目のスタートアップ

Flora株式会社 Anna Kreshchenko (クレシェンコ アンナ)|女性のココロに寄り添うサービスの事業展開が注目の企業

女性のココロに寄り添うサービスの事業展開で注目なのが、Anna Kreshchenkoさんが2020年12月に創業したFlora株式会社です。

「赤ちゃんはどこから来るの?」
そんな質問をしたりされたりした人は多いのではないでしょうか?
その時あなたならどう答えますか?
その時聞いた人からどんな答えが返ってきましたか?

日本ではまだまだ「性」に関する教育や知識。理解が進んでいないと言われています。少子化に歯止めがかからない背景には、性への正しい理解や必要な情報が不足しているという現実があるのも事実です。

また、育児環境についても課題は多く残ります。育休・産休が以前に比べると当たり前になってきたとはいえ、家事や育児負担は依然女性の側に大きな負担がかかっています。一人孤独の中で悩みを抱えながら初めての育児に悪戦苦闘するママたちが大勢います。

女性は男性に比べ、生活やライフスタイル、身体の変化が大きく、そのタイミングごとに様々なナーバスな課題や悩みが発生します。
そんな時、女性の心とからだの専門家や同じ体験をした女性同士で情報を共有したり、的確なアドバイスを貰ったり励まし合えたり出来るのはとても心強く、同時にあらゆる女性が心も体も健康に生きられる社会の実現にもつながります。
そんな女性たちのココロとカラダに寄り添う活動に、今注目が集まっています。

Flora株式会社の事業の特徴は、AIによって体調や身体の変化を記録し、リアルとオンラインの双方から個々人のライフステージに適したソリューション提供が可能、という点です。

Flora株式会社のAnna Kreshchenkoさんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

Floraは思春期から更年期まで女性のココロに寄り添うサービスを提供します。
弊社の特徴は以下の4点です。
1)女性の生涯に寄り添うソリューションのエコシステムを構築
2)産婦人科医や助産師の監修の元で開発された、次世代フェムテックのAIモデルを使用
3)身体的健康だけではなく、メンタルヘルスも手厚くサポート
4)バイアスや偏見のない知識を届け、女性が自分の体の理解を通じて、自分を大切にする力を養う

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

女性活躍社会と呼ばれ女性が働くことが普通になった日本において、女性は健康やライフイベントの事情で男性よりも働く上で不利になってしまいます。その課題を感じている方に是非使って頂き、少しでも健やかに元気になってもらい、活躍して欲しいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

ジェンダーギャップの是正。ワークライフバランスの改善、働く女性のプレゼンティーズムやアブセンティーズム解消、性教育の普及です。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

創業期には相談できる相手がいませんでしたので、ほとんど全てが大変でした!例えば設立手続きや仲間探し、資料作成や口座開設。でも、勉強会や交流会に参加して周りに相談できる方々が現れて、心強く感じる様になりました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

今後は妊活・妊娠といったライフステージだけではなく、思春期と更年期に合ったサービスを開発していきたいと思っています。

・今の課題はなんですか?

シリーズAの資金調達と優秀な人材の確保です。(ちなみにフェムテックにご興味がある仲間を常に募集しております)

・読者にメッセージをお願いします。

自分のアイデアではなくて、解決したい課題にひたすら集中すれば、人の為になるソリューションを作って、成功できると思います。

会社名 Flora株式会社社
代表者名 Anna Kreshchenko (クレシェンコ アンナ)
創業年 2020年12月
事業内容 女性のメンタルとフィジカルの支えとなるサポート事業
サービス名 Flora
資本金 22,183,360円
所在地 京都市左京区吉田橘町32番地
代表者プロフィール 2017年に来日し、複数学位制度でウクライナ国立オデッサ大学国際関係学部入学と京都大学法学部入学。日本の文部科学省奨学金を受賞。2020年に身近な人の妊娠うつ発症により、女性の体とメンタルケアを目的に同社を創業し、京都のフェニクシーインキュベーターに選抜された。2021年にシードラウンドをクローズして、femtech業界において月経・妊活・出産等といった女性の生涯に関わるサービスを展開。2021年に京都大学経営管理大学院に進学。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Anna Kreshchenko FemTech Flora ディジタルヘルス フェムテック ママ メンタルヘルス 女性 女性の健康 妊活 福利厚生 育児
創業手帳woman
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

在宅環境整備サービス「リモートHQ」 新年度入社の社員を対象としたリモートワーク環境の整備支援「はじめてのリモートワークプラン」を開始
2022年1月5日、株式会社HQは、提供する「リモートHQ」において「はじめてのリモートワークプラン」を2022年1月5日(水)から提供開始することを発表しました。 「リモートHQ」は、社員ごとに最適…
ウェルネスプロテイン「KOREDAKE」展開の「メップル」が1.5億円調達
2021年8月24日、株式会社メップルは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ウェルネスプロテイン「KOREDAKE」を展開しています。 女性が1食に必要な31種類の栄養素…
Cosmos 古川さくら・橋本阿姫|セクシュアル・ヘルスに関する事業開発が注目の企業
セクシュアル・ヘルスに関する事業開発で注目なのが、古川さくら・橋本阿姫さんが2021年1月に創業したCosmosです。 セクシャル・ヘルスとは、自分の「性」に関することについて、心身ともに満たされて幸…
「フィンプラネット」による確定拠出年金向けロボアドバイザー「fintsDC」が提供開始
2021年1月27日、株式会社フィンプラネットは、「fintsDC」のサービス提供を2021年1月から開始したことを発表しました。 「fintsDC」は、確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援…
女性向けキャリアスクール「SHElikes」を運営する「SHE」が18億円調達
2022年10月26日、SHE株式会社は、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SHEは、女性向けキャリアスクール「SHElikes(シーライクス)」や、ミレニアル世代の女性で構成さ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ