廃棄素材を使用したクラフトジンの生産などの蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が1.4億円調達

company

2021年6月16日、エシカル・スピリッツ株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。

日本酒の生産工程において廃棄されてしまう酒粕を再蒸留して作ったクラフトジンを販売しています。

また、クラフトジンの販売利益から酒米を酒粕提供元の蔵元に提供しています。

2021年1月には、エシカル生産と消費に特化した再生型蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」を東京・蔵前に建設し、蒸留所内には自社運営のクラフトジンに特化したバーを併設しています。

2021年6月現在、ベーススピリッツの蒸留はパートナー企業と連携して実施し、自社の蒸留所でそのベーススピリッツを使用したジンなどのスピリッツを蒸留しています。

今後、酒粕そのものをベーススピリッツに変える最新型の設備を導入し、これまでベーススピリッツの生産が難しかった中小規模の酒蔵との連携も可能となります。

また、国立森林総合研究所の研究成果をもとに、民間事業者として初となる木の酒の蒸溜所を立ち上げ、木のお酒である「WoodSpirits」の製品化・販売にも挑戦します。

今回の資金は、新たな再生型蒸留所の建設や、海外販路の拡大などに充当される予定です。

国産ジンの輸出はほぼゼロだったものから、2017年から急激な勢いで伸びており、2019年には208万リットルに達しています。

クラフトジンは世界的に流行しており、その先駆けとなったのは、イギリスのシップスミス蒸留所です。

シップスミス蒸留所は2008年に、約200年ぶりとなる銅製の蒸留器を稼働させて注目を集め、製法にこだわったクラフトジンを生産しました。

クラフトジンの流行により、イギリスではジン市場がウイスキー市場を上回っており、その要因としてはジンは自由に生産できることにあると分析されています。

また、SDGsが社会的に重視されるなか、ジンを作るために必要なベーススピリッツについてもエシカルな(倫理的な)原料を利用するものが登場しました。

SDGsは人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。トレンドでもあるため資金調達がしやすいという側面もあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs エシカル エシカル・スピリッツ クラフトジン ジン 技術 株式会社 生産 蒸留 蒸留所 資金調達 酒粕
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ホテルの適正価格を提示するAIプラットフォームの「空」が資金調達
2019年9月4日、株式会社空は、資金調達を実施したことを発表しました。 ホテルの料金設定を効率化する「MagicPrice」と、無料のホテル経営診断ツール「ホテル番付」を運営しています。 「Magi…
サブスクリプション・ビジネス効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」運営の「アルプ」が3.15億円調達
2020年3月23日、アルプ株式会社は、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業におけるサブスクリプション・ビジネスの効率化・収益最大化を支援するプラットフォーム「Scal…
サクラマスの循環型養殖を展開する「Smolt」が資金調達
2019年12月19日、株式会社Smoltは、資金調達を実施したことを発表しました。 資源量が少なく流通も少ない希少な魚であるサクラマスの循環型養殖技術を開発した、宮崎大学発のベンチャー企業です。 人…
画像解析と3Dプリンタによるオーダー・メイド・インソールなどの「ジャパンヘルスケア」が1,100万円調達
株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,100万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」を開発しています。 スマ…
心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達
2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ