注目のスタートアップ

フードロス削減ボックス「fuubo」を手がける「ZERO」と「JFE商事」が資本業務提携

company

2024年7月2日、ZERO株式会社は、JFE商事株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ZEROは、無人販売機フードロス削減ボックス「fuubo」の開発・製造を行っています。

フードロス削減や、CO2排出量削減、福利厚生の充実を図る企業と契約し、オフィスなどに「fuubo」を設置します。そして、食品メーカーや食品卸企業から、廃棄される可能性のある食品を安価に仕入れて提供し、導入先からサービス料を回収するというビジネスモデルを展開しています。

導入先企業においては、「fuubo」活用によるCO2排出量削減効果を可視化することで、貢献度の訴求を可能とします。

全国の駅、商業施設、オフィスなど、さまざまな場所に設置されており、一般消費者や導入企業の従業員に利用されています。

JFE商事は、持続可能な社会の実現に向けて、気候変動問題の解決に貢献可能な鉄鋼製品やバイオマス燃料など「環境配慮型商品」を顧客のニーズに応じて提供しています。

今回の提携を通じ、JFE商事は「fuubo」を使用する鋼材に、JFEスチール株式会社が製造するグリーン鋼材「JGreeX」を供給し、より一層のCO2排出量削減を図ります。

さらに、JFE商事グループが有する鋼材加工設備やノウハウなどのリソースを活用して製品の開発、設計、製造を支援していきます。


食べられるにもかかわらず、何らかの理由で捨てられてしまう食品を「フードロス(食品ロス)」と呼びます。

フードロスは、生産現場、倉庫での保管、食品加工、卸売・小売、外食、家庭といった食品流通のさまざまな段階で発生します。

SDGsの推進に伴い、フードロスは環境負荷を高める要因として批判され、削減に向けた取り組みが求められています。

このような背景のもと、フードロス削減が進められるのと同時に、これまで活用されていなかった未利用食品の有効活用に向け、多様な主体による積極的な取り組みも進行中です。

ZEROは、無人販売機「fuubo」の設置を通じて、フードロス削減に貢献するとともに、設置企業のCO2排出量削減にも寄与しています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB fuubo JFE商事 SDGs ZERO オフィス サステナブル フードロス 企業 削減 可視化 株式会社 無人販売機 環境対応 福利厚生 資本業務提携 資金調達 食品 食品ロス
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フィットネスジム専用防犯カメラAI画像解析サービス「GYMDX」を提供する「Opt Fit」が2億円調達
2023年10月11日、株式会社Opt Fitは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Opt Fitは、フィットネスジム専用AI画像解析サービス「GYMDX(ジムディーエックス)」や…
産業用ドローンの製造・販売やドローンソリューションを手掛ける「イームズロボティクス」が2億円調達
2022年12月16日、イームズロボティクス株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 イームズロボティクスは、国産ドローンの開発・製造・販売や、ドローンを活用したソリューション…
セールスインテリジェンス「Sales Marker」を提供する「CrossBorder」が5,000万円超調達
2022年9月20日、CrossBorder株式会社は、5,000万円超の資金調達を実施したことを発表しました。 CrossBorderは、セールスインテリジェンス「Sales Marker(セールス…
フードデリバリー最適化SaaS「フードデリバリーマネージャー」展開の「Lisa Technologies」が1.15億円調達
2021年9月21日、Lisa Technologies株式会社は、総額約1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店が運用するフードデリバリーの運用支援、アカウント最適化を行う…
「公認会計士 久禮義継事務所」が新たな廃業の仕方を提案する「ストップ・ザ・廃業」サービスを開始
2020年10月31日、株式会社H2オーケストレーターは、公認会計士 久禮義継事務所において、「ストップ・ザ・廃業」サービスを開始することを発表しました。 「ストップ・ザ・廃業」は、事業の継続が難しい…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】