電脳交通がJR西と資本提携!創業手帳が背景を解説

地方のIT企業がなぜ大手と組めるのか

徳島を本拠地としたベンチャー・電脳交通が、JR西日本と資本業務提携を開始しました。同社はほかにもNTTドコモ、Japantaxiなどと資本業務提携を結んでいます。地方のベンチャーがなぜ大手と組めるのか、創業手帳がさくっと解説します。

大手による積極的なオープンイノベーションが進んでいる

電脳交通のプロダクトは、中小のタクシー会社でも使えるタクシー会社向けのクラウド型コールセンターのサービスです。タクシー会社は配車などで、電話やコールセンターが不可欠であると同時に、効率的にタクシーが動いているかなど動態管理も必要になります。同社はそうしたタクシー会社向けのソリューションを展開しています。
代表の近藤洋祐氏は、アメリカ留学からのUターンで地元の小さなタクシー会社に勤務し、そこで培ったサービス、技術をベースにサービスを作り上げました。
同社が大手企業と次々と資本業務ができている背景について、出資元と該当企業に分けて分析してみましょう。

まず出資側の土壌として、大手企業がオープンイノベーションに取り組んでいる背景があります。例えばJRは東、西、九州などでオープンイノベーションを盛んに行っています。JR西日本でもecbo cloak(エクボクローク)を始めとするスタートアップとの協業が進んでいます。
Japantaxiも、川鍋一朗会長率いる大手の日本交通系のタクシーアプリであり、UBERの日本進出に対して善戦しています。投資に積極的な会社のオープンイノベーション、出資の土壌にスタートアップが上手くハマった例と言えるでしょう。

電脳交通は、もともと徳島の小さいタクシー会社を救うためにスタートしたプロダクトというところにも面白さを感じます。小さな一地方の会社なのに、という見方もある一方で、地方の小さな会社で成功すれば他でも成功する可能性が高いというモデルケースという見方もできるでしょう。
また、実際のニーズから作られた実用性の高さも強みと言えます。高額で高度なソリューションは地方の中小企業にはオーバースペックで使いこなせないケースがありますが、同社は、地方の現場から生まれたサービスであるがゆえの強さを持っています。

クラウドサービスも、現場に近いところを握っているサービスは時流に流されない強さがあります。

同社のアプリケーションの進化と、資本提携した、JR西・ドコモ・Japantaxi(及び日本交通)が地方中小のタクシー会社に商機を見い出しているということで、そこの戦略も気になるところです。

大手の地方への出資のモデルケースとしても注目の投資と言えそうです。

(編集:創業手帳編集部)

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ Uターン クラウドサービス 地方創生 提携
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ファッションアプリ「IQON」運営の「VASILY」がスタートトゥデイの子会社に
平成29年10月19日、株式会社VASILYは、株式会社スタートトゥデイの傘下入りに合意したことを発表しました。 スタートトゥデイは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」などを運営しています…
「グリー」が中国・動画共有サイト運営の「bilibili」と業務提携
平成30年10月30日、グリー株式会社は、Bilibili Inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Bilibiliは、中国で国内最大級の動画共有サイト「bilibili」の運営や、スマ…
在庫削減クラウドサービス「FULL KAITEN」の開発元が1.2億円調達
平成30年6月12日、ハモンズ株式会社は、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大和企業投資、ユナイテッド、ベンチャーユナイテッド、みずほキャピタル、京銀リース・…
「東京スター銀行」と給与即日払いサービスの「ペイミー」が業務提携
平成30年9月25日、株式会社東京スター銀行と、株式会社ペイミーは、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ペイミーは、福利厚生制度としての給与即日払いサービス「Payme」を開発・提供しています…
無線マルチホップ通信ソリューションの「PicoCELA」が「九州朝日放送」と資本業務提携
2018年12月26日、九州朝日放送株式会社は、PicoCELA株式会社に出資し業務提携することを発表しました。 PicoCELAは、無線LANアクセスポイントやエッジコンピューターなどの無線プラット…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ