「創業の夢を叶える効果的なビジネス実践手法」研修が2022年1月より開催(オンライン)


独立行政法人中小企業基盤整備機構が創業を検討中の方、または創業間もない法人を対象に、ビジネスモデルの構築や、販路開拓、人材育成まで、創業者に求められる知識・ノウハウを一気通貫で学べる研修会を開催します。

研修の特色としては、創業間もない方にとって実践的な内容になり、創業者自らが持続可能なビジネスを創造し推進する術を身につけることを目指しており、インキュベーション事業をはじめ、創業支援の経験豊富な中小機構による創業研修を実施。創業手帳としても注目、期待しているところです。

研修の特色
  • ・創業経験や支援実績に裏付けられた独自のプログラム
  • ・事例によるわかりやすい解説
  • ・「経営」「財務」「販路開拓」「人材育成」の4領域を網羅
  • ・創業ステージに応じた、12ステップの演習
  • ・現場ですぐに活用できるワークシート
  • ・研修後日に講師への個別相談が可能(全日程ご参加の方)

開催はオンラインでの開催となりますので、どちらからでも参加可能です。

研修日時

A:2022年1月29日(土)14:00~17:00
B:2022年2月 5日(土)14:00~17:00
C:2022年2月12日(土)14:00~17:00
D:2022年2月19日(土)14:00~17:00
E:上記4コース全て+個別相談

※A~Dの4コースは一連の内容ですので、できるだけ全ての参加をお薦めします。
※本研修は、見逃し動画配信も実施しますので研修当日ご都合の悪い方も後日、動画での聴講が可能です。

受講対象者

・創業を志している方
・具体的に創業に向けて活動している方
・新たな事業に取り組んでいる個人事業主
・創業間もない法人

内容

月日 科目・内容
A:1月29日(土) ビジネスモデルの策定【経営】
・ビジネスの基礎知識
・ビジネスアイデアを創出しよう
・ビジネスドメインを選定しよう
・ビジネス モデルを策定しよう
B:2月5日(土) 事業・収支計画の策定【財務】
・財務・会計の基礎知識
・適正な販売価格を設定しよう
・収支計画・資金繰計画を策定しよう
・事業計画を策定しよう
C:2月12日(土) 顧客開拓の実践【販路開拓】
・販路開拓の基礎知識
・ビジネス価値を創造しよう
・顧客開拓をスタートしよう
・顧客開拓戦略を策定・推進しよう
D:2月19日(土) 人材の活性化【人材育成】
・人材管理の基礎知識
・創業者としての能力を高めよう
・従業員のモチベーションを高めよう
・組織力を高めよう

※1回のみの参加も可能ですが、全4回は一連の内容ですので、できるだけ全ての参加をお薦めします。

講師

株式会社ハーモニーリンク 代表取締役 中小企業診断士 馬込 正(まごめ ただし)

大手電機メーカーを経て、2002年に経営コンサルティング事業を起業。2011年から九州大学TLO総合
研究部門のチーフプロデューサー、2014年から慶應藤沢イノベーションビレッジのインキュベーション・
マネジャー、2015年から中小企業基盤整備機構の創業支援拠点アドバイザーを務める。
現在は、独自の創業・新事業支援プログラムにより全国の創業者や中小企業を支援・育成する傍ら、
東京経済大学経営学部、亜細亜大学経営学部にて学生にビジネスモデル策定と起業マインドを教育。
さらに中小企業大学校や全国の支援機関等の講師として創業・中小企業支援者の支援能力向上を図る。

受講料

お1人様1コースあたり3,000円
4コース+個別相談付き14,000円
※個別相談は、お1人様1回、時間は30分です。

定員

40名(先着順)うち個別相談付きコース24名(先着順)

※本研修は、見逃し動画配信も実施しますので研修当日ご都合の悪い方も後日、動画での聴講が可能です。

お申し込み

以下の申込フォームよりお申し込みが可能です。

A:1月29日(土曜)ビジネスモデルの策定【経営】
B:2月5日(土曜)事業・収支計画の策定【財務】
C:2月12日(土曜)顧客開拓の実践【販路開拓】
D:2月19日(土曜)人材の活性化【人材育成】
E:4コース全て+個別相談
※初めてお申し込みの方は、上記申込フォームにて新規会員登録が必要となります。

お問い合わせ

独立行政法人中小企業基盤整備機構 人材支援部 (担当: 藤間)
Tel: 03-5470-1560
Mail: jinzai-kikaku@smrj.go.jp

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ ビジネス ビジネスモデル 中小企業基盤整備機構 人材育成 研修 販路開拓
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

LGBT求人事業「JobRainbow」が5,000万円調達!
平成30年7月10日、株式会社JobRainbowは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ジェネシア・ベンチャーズです。 LGBTの求職者を対象とした求人サイト「icho…
【東京】「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」について発表しました。 一時支援金等(※)を受給した都内中小企業の、販売促進の取り組みに助成金を交付します。 助成…
ECプラットフォーム「ecforce」提供の「SUPER STUDIO」が44億円調達
2022年6月22日、株式会社SUPER STUDIOは、総額約44億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SUPER STUDIOは、ECプラットフォーム「ecforce(イーシーフォース)」…
ビジネスのためのAI活用プラットフォーム提供の「MatrixFlow」が資金調達
2022年4月7日、株式会社MatrixFlowは、資金調達を実施したことを発表しました。 MatrixFlowは、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を提供しています。 …
VRラーニングの「エドガ」が1,500万円調達!
平成30年7月24日、株式会社エドガは、総額1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エドガは、人材育成に特化した「VRラーニング」の企画・制作や、VRコンテンツの制作や360度動画の撮…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ