注目のスタートアップ

一般社団法人チャーミングケア 石嶋瑞穂|病気や障害のある子どもの外見ケア・メンタルケア・家族ケア啓蒙の事業展開が注目の企業

病気や障害のある子どもの外見ケア・メンタルケア・家族ケア啓蒙の事業展開で注目なのが、石嶋瑞穂さんが2019年に創業した一般社団法人チャーミングケアです。

現在、小児がんなど重い病気で治療と向き合っている子どもたちは全国で14万人以上います。また、人工呼吸や経管栄養など、何らかの医療的ケアを必要としながら自宅で生活している子どもは全国で18,000人いるといわれます。(日本財団HPより)

医療器具やカテーテルと言われる管を体に装着しながらの生活はとても不便で、いろんな場面において気を使います。
子どもが無邪気に動き回った何かの拍子に引っかかって取れてしまわないか?無意識のうちに自分で外したりしないか?そんな思いを抱えながら生活を続けるのは大変な心労です。
少しでも日常生活が楽に楽しく送れるようなサービスやサポート用品があればどれだけありがたいか知れません。
戦う子供たち自身にとっても、無機質な医療器具や寝具をそのまま身にまとうのは気が滅入るでしょうし、少しでも明るい気持ちになれるような環境が整うに越したことはありません。

しかし、全体の数からみると子どもの療育割合が少ないがゆえに、おざなりになったままでした。
こうした課題に真っ向から挑み、病児や障害児に「可愛い」や「かっこいい」を届け、子どもたちと家族の豊かな生活文化の実現を目指す取り組みに、今注目が集まっています。

一般社団法人チャーミングケアの事業の特徴は、
日本初の病児・障害児専門ECマーケットプレイス「チャーミングケアモール」を通して、様々な医療ケアグッズを提供したり、チャリティチケットをを送り合ったりすることが出来る、「サービスの提供」と「社会意識の向上促進」という点です。

一般社団法人チャーミングケアの石嶋瑞穂さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

病児障害児専門のECマーケットプレイスになります。
子どもに特化したものは国内唯一となっており、主に医療ケアグッズやお見舞い品を販売しています。

また、不特定多数の入院児に対して、ギフト券でチャリティ活動が出来るようにもなっています。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

病気や障害のあるお子さんとご家族という当事者層の方々と、お友達やご親戚などにはお見舞いギフトとして選んでいただければと思います。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

病気や障害のある子どもの母数は非常に少なく、「かわいい」「かっこいい」という選択肢を提供し、当事者層だけでなく、社会で子どもの笑顔を支えていきたいと考えています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

ないなら作るという考え方のもと、保護者の方が手作りしていたり、福祉分野でボランティアとして提供されていたものもあり、「ビジネスにするなんて」と批判されたこともあります。
しかし、安定的な供給をはかるためにはボランティアだけでは不十分だと感じましたし、与えられるのではなく「選択する」ことが大切だと考えました。
どんな子供でも可愛らしさを追求していい!という「チャーミングケア」という考え方を発信することにより、仲間集めをして乗り越えました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

物販事業だけではなく、病気や障害のある子どもと家族に対する配慮ができる人材の育成をする研修事業を2022年1月より開始します。
「チャーミングケア」という世界観を熟成させるなかで、もの「も」買える仕組みづくりを今後行っていく予定です。

・今の課題はなんですか?

「チャーミングケア」という考え方が少しずつ必要な人に届くようになり、今まで製品化されていなかった商品も、類似品が出回るなど、「選択肢」が増えてきたのはとても良いことなのですが、きちんと「作る責任」を果たしていないハンドメイド品も多くあるというのがとても気がかりです。
チャーミングケアモールでは独自審査により販売基準をクリアした事業者様のみ販売を行っていただいていますが、ユーザーが病気や障害のある子供であることから、弊社で扱うものだけではなく全体として安心&安全のリテラシー改善をしていく必要性があると感じています。

・読者にメッセージをお願いします。

経験しないとなかなか身近に感じることのないジャンルの話かと思いますが、まずは「知る」ことから初めていただき、自分にできることは何か?立ち止まって考えていただけると嬉しいです。
弊社では、お見舞い品を施設や病院にいる子供たちに送ることができるチャリティコンテンツもあります。ご覧になっていただけると幸いです。

会社名 一般社団法人チャーミングケア
代表者名 石嶋 瑞穂
創業年 2019年
事業内容 ◯EC事業メディア事業
◯広告事業
◯雑貨企画販売事業
◯病気や障害のある子どもの外見ケア・メンタルケア・家族ケアの啓蒙
◯各種講演・研修事業
サービス名 チャーミングケアモール
所在地 〒563-0021 大阪府池田市畑1-6-28-201
代表者プロフィール 一般社団法人チャーミングケア 代表理事。近畿大卒業後、広告代理店などを経て、制作会社のネットベンチャー事業責任者などを経験。息子の入院の付き添い期間中、お見舞い品販売ECサイトの運営やオウンドメディアを自作し運営。病気や障害のある子どもやその家族のための外見ケアやメンタルケアに着目し、ポータルサイト「みんなのチャーミングケアラボラトリー」を主宰し、一般社団法人チャーミングケアを設立。
2020年 国内唯一の病児障害児専門ECマーケットプレイス「チャーミングケアモール」サービスイン。
2017年「J300ビジネスアワード特別賞」、2018年「大阪商工信金社会貢献賞」受賞、東京都女性ベンチャー成長促進事業APTWomen採択、「日経ソーシャルビジネスコンテスト」ファイナリスト。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC チャーミングケア メンタルケア モール 医療 子供 治療 石嶋瑞穂
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産直通販サイト「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が13億円調達
2022年6月14日、株式会社ビビッドガーデンは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビビッドガーデンは、日本最大の産直通販サイト「食べチョク」、法人向けサービス「食べチョク fo…
尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達
2022年4月12日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせた独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」により、尿中に含まれ…
EC購買データプラットフォームなど展開の「マインディア」が5億円調達
2022年5月31日、株式会社マインディアは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マインディアは、定性インサイトデータ蓄積プラットフォーム「Mineds for Insight Da…
総合的香水販売サイト「Celes」で映画をイメージした香水を届ける「Celesシネマ」が期間限定でスタート
2020年10月27日、合同会社セレスは、新サービス「Celesシネマ」を実施することを発表しました。 「Celesシネマ」は、総合的香水販売サイト「Celes(セレス)」において、10月27日(火)…
化粧品ECプラットフォーム「NOIN」運営の「ノイン」が資金調達
2022年3月17日、ノイン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、アクサ生命保険株式会社です。 ノインは、化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営しています。 メイクアップ術…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ