注目のスタートアップ

クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」提供の「アンドパッド」が122億円調達

company

2022年9月14日、株式会社アンドパッドは、総額約122億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アンドパッドは、クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を提供しています。

現場の効率化から経営改善まで実現する施工管理サービスです。

チャット、施工管理、図面管理・共有、施主報告、検査管理、受発注などの機能により、建設業界のDXをワンプラットフォームで実現します。

2022年9月現在、14.5万社、38.6万人を超える建築・建設業界に利用されています。

今回の資金は、人材の採用・育成、グローバルな開発体制の構築、海外開発拠点の拡充、顧客基盤の獲得・プロダクト獲得・人材獲得を目的とした買収・出資などに充当する予定です。

国土交通省の「最近の建設業を巡る状況について【報告】」(2021年10月15日)によると、建設業就業者は55歳以上が約36%、29歳以下が約12%となっています。

全産業では、55歳以上が約31%、29歳以下が約16%であるため、建設業では就業者の高齢化と若年層の減少が進んでいることがわかります。

建設業は技術を持ったベテランが引退し、次世代への技術承継が行われないという危機に直面しています。

この課題を解決するため、業界再編を行い、若年層が定着する働きやすい業界へと変革する必要があります。

デジタル化・DXは、この変革のために重要な要素のひとつです。

2021年3月末時点で、建設許可業者は全国に約47.4万業者存在しています。

「ANDPAD」は、2022年9月時点で14.5万社に利用されているため、かなりの数に利用されていることがわかります。

また建設業では、スマートフォンに搭載されたリモートセンシング技術LiDARを利用した3Dスキャンの活用など、新たな技術の導入も進んでいます。

将来的には建設用3Dプリンターなど、最先端のテクノロジーを導入した施工なども一般的になっていくことが予測されています。

企業・組織を成長させるためには、テクノロジーを活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ANDPAD DX アンドパッド クラウド プロジェクト管理 共有 効率化 受発注 図面 建築 建設 建設業 建設業界 施工 株式会社 現場 管理 経営改善 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

再生医療ベンチャーの「ひろさきLI」が「サイバーダイングループ」と資本業務提携
2022年8月17日、ひろさきLI株式会社は資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、CYBERDYNE株式会社と同社子会社が運営する「CEJファンド(サイバニクス・エクセレンス・ジャパン 1…
空間活用・無人運営を実現する「StayX」展開の「matsuri technologies」が20億円調達
2022年3月24日、matsuri technologies株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 空間活用・無人運営を実現するソリューション「StayX」や、民泊向けP…
衛星写真から耕作放棄地を分析するサービス「ACTABA」提供の「サグリ」が1.55億円調達
2021年6月2日、サグリ株式会社は、総額約1億5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星写真から耕作放棄地を分析するサービス「ACTABA」を開発・提供しています。 衛星写真を利用…
映像クラウド・プラットフォーム運営の「セーフィー」が「キヤノン」から9.8億円調達
2019年9月26日、セーフィー株式会社は、9億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社です。 セーフィーは、防犯カメラ・監視カメラのた…
ウェルビーイング実現のためのメンタル・トレーニング・サービス運営の「emol」が2,000万円調達
2019年12月2日、emol株式会社は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、エンプロイー・ウェルビーイングを実現するメンタル・トレーニング・サービス「emol work…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ