注目のスタートアップ

総合的な菌ケアサービスを展開する「KINS」が5億円調達

company

2024年7月2日、株式会社KINSは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

KINSは、総合的な菌ケアサービスを展開しています。

具体的には、皮膚・腸内・口腔内などマイクロバイオームがかかわる部位を対象として20以上のプロダクトを展開するコンシューマープロダクト事業、クリニック事業(日本で2院の動物病院、シンガポールで1院のヒト向けクリニック)、研究開発事業などを展開しています。

研究開発では、ヒト皮膚常在菌を郵送で回収し解析する独自の菌バンクプラットフォームを活用し、疾患・症状への効果が期待される皮膚・腸内の複数独自菌獲得に成功しています。

今回の資金は以下の取り組みに充当します。
・ポリアミン産生乳酸菌の商業化
・研究ケイパビリティの強化
・コンシューマーヘルスケア事業の強化


生物の体内や皮膚には、多種多様な細菌が生息しています。

たとえば、生物の腸内には「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれる細菌の集まりがあります。この腸内フローラは、細菌同士で複雑な生態系を形成し、宿主であるヒトや動物と共生関係にあり、ヒトの生理や疾患に深く関わっています。

もし腸内フローラのバランスが大きく崩れた場合、病気の原因となり、その影響は腸だけでなく、脳や心臓、関節などあらゆる場所に及びます。近年、このような常在菌に関する研究が進展し、常在菌と疾患の関係性が明らかになってきています。

こうした背景から、菌のバランスを保つための食事、サプリメント、スキンケアなどへの注目が高まっています。また、菌の性質や菌そのものを活用した医療の研究開発も進められています。たとえば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの疾患治療においては、健康な人の腸内フローラを移植することで患者の腸内環境を改善し、疾患を治療する「腸内細菌叢移植(FMT)」が注目されています。

KINSは、菌に焦点を当てたヘルスケア事業やクリニック事業を展開しながら、菌バンクの構築を進め、菌の研究開発を行うというビジネスモデルを展開しています。

最近ではポリアミンの合成能力が高い特殊な乳酸菌を複数入手しており、これらの乳酸菌をプロバイオティクスとして活用することで、アンチエイジングやその他の健康効果をもたらす製品の開発や、菌自体を原料として販売する準備を進めています。

企業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB KINS キンズ ケア サプリメント ヘルスケア ポリアミン マイクロバイオーム 乳酸菌 医療 常在菌 株式会社 研究開発 腸活 菌ケア 菌バンク 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

D2C乳幼児向けフードブランド「the kindest」展開の「MiL」が資金調達
2022年2月22日、株式会社MiLは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、兵庫県・神戸市が出資するひょうご神戸スタートアップファンドです。 乳幼児向けフードのD2Cブランド「the k…
CO2排出量可視化・削減・報告クラウドサービス「アスゼロ」を提供する「アスエネ」が1.5億円調達
2023年3月1日、アスエネ株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アスエネは、CO2排出量可視化・削減・報告クラウドサービス「アスゼロ」と、再エネ100%&地産地…
AIによる契約書チェック・サービス「AI-CON」提供の「GVA TECH」が3億円調達
2020年6月29日、GVA TECH株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIによる契約書チェック・サービス「AI-CON」や、エンタープライズ向けの「AI-CON Pr…
美容クリニック向けSaaS「medicalforce」提供の「メディカルフォース」が1億円調達
2022年3月18日、株式会社メディカルフォースは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メディカルフォースは、美容クリニック向けSaaS「medicalforce」を提供しています。 …
「refactory」が「ソシデア知的財産事務所」と業務提携 特許出願後すぐにEC販売できるサービスを提供開始
2021年7月20日、株式会社refactoryは、ソシデア知的財産事務所と業務提携契約を締結したことを発表しました。 refactoryは、全国のものづくり企業が製造する商品を、なるべく適正価格で販…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】