「中小企業の省エネ・脱炭素に関する実態調査」エネルギー価格上昇に約9割が「影響あり」と回答

tips

日本商工会議所と東京商工会議所は、「中小企業の省エネ・脱炭素に関する実態調査」を実施、集計結果を公表した。

この調査は、全国200商工会議所の会員企業を対象に行ったものです。

大企業のみならず中小企業においても脱炭素経営に向けた取り組みが急速に広がり始めている中、中小企業の脱炭素への取組状況・課題・政府等へ期待する支援内容等の現状を把握し、今後の要望活動に活かしていくために実施しました。

エネルギー価格上昇による影響と対応状況

・エネルギー価格上昇により、約9割(88.1%)の企業が経営に影響を受ける。「影響は深刻で、今後の事業継続に不安がある」とする企業も約1割(9.2%)。
・価格転嫁の状況では、半数以上(51.8%)が「価格転嫁できている」と回答。「影響は深刻で、事業継続が不安」と回答した企業に限ると、「ほとんど・全く価格転嫁できていない」との回答が合わせて55.8%と半数を超える。

脱炭素に対する取組状況と課題

・中小企業においても、約7割が「省エネ型設備への更新・新規導入」などの脱炭素に関する取り組みを実施。
・「エネルギーの使用量・温室効果ガス排出量の把握・測定」は4社に1社(25.0%)が取組んでいるが、従業員数20人以下の企業では1割を切る。
・相談先は、設備機器メーカーが最多。次いで、電力・ガス会社、取引先の順。
・脱炭素に取り組む理由は「光熱費・燃料費の削減」が75.2%と最多。「企業としての評価や知名度の維持・工場」(30.5%)、「ビジネス環境の変化や技術革新への対応」(25.6%)など、企業ブランディングや経営革新につなげようとする動きも。
・およそ4分の1(25.7%)の企業が取引先から温室効果ガス排出量の把握・測定」などの要請を受けている。
・取り組むハードルについて、半数以上(56.5%)が「マンパワー・ノウハウが不足」と回答。

期待する脱炭素支援

・政府・自治体に求める支援としては「省エネ設備・再エネ導入等に対する資金面での支援」との回答が71.3%と最も多く、資金面でのサポートを求める声が多い。


世界的なエネルギー需給の逼迫と、資源燃料価格の高騰、そして歴史的な円安により、日本ではエネルギー価格が高騰しています。

このエネルギー価格高騰は事業者に大きな影響を与えており、さまざまな業界がコスト増に頭を悩ませています。

こうした中で注目されているのが、省エネルギー化によるコスト削減の取り組みです。

省エネ化はSDGs(持続可能な開発目標)が推進される中で、脱炭素化に資する取り組みとして重要であるだけでなく、同時にエネルギー使用量を抑制し、コスト削減にも貢献します。

今回の調査によれば、中小企業でも約7割の企業が「省エネ型設備への更新・新規導入」を行っており、省エネ化を進めています。

一方で、半数以上の企業が「マンパワー・ノウハウが不足」と回答している現状もあり、公的な支援をいかに活用するかが重要となっています。

創業手帳では起業を目指す方や経営上の悩みを抱える経営者などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。

また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」や、資金調達に特化した「資金調達手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ カーボンニュートラル 中小企業 中小企業の省エネ・脱炭素に関する実態調査 商工会議所 日本商工会議所 東京商工会議所 環境対策 省エネ 省エネルギー化 脱炭素
詳細はこちら

「中小企業の省エネ・脱炭素に関する実態調査」 の集計結果について ~エネルギー価格上昇に約9割が「影響あり」。約7割が省エネなどの脱炭素に取り組み、 4社に1社は温室効果ガス排出量を測定~

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

全産業合計の業況DI コスト増と消費停滞により悪化(LOBO調査2024年4月結果)
2024年4月30日、日本商工会議所は4月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果を発表しました。 これによると全産業合計の業況DIは、▲14.0(前月比▲1.1ポイント)と悪化しました。 一般的…
オンラインセミナー「中小機構 水曜日のEC無敵塾」
独立行政法人中小企業基盤整備機構は「中小機構 水曜日のEC無敵塾」の開催を発表しました。 売上強化や海外への販路拡大のために、ECを活用したいという中小企業に向け、国内EC・越境ECの入門編からエリア…
「省エネルギー投資促進・需要構造転換支援事業費補助金」「省エネルギー投資促進支援事業費補助金」
経済産業省は、省エネルギー投資促進に向けた支援補助金を実施しています。 事業者の更なる省エネ設備への入替を促進するため、「先進設備・システム」、「オーダーメイド型設備」の導入を支援します。また、汎用的…
バイオプラスチック材料や高付加価値製品の製造技術を有する「グリーンケミカル」が資金調達
2024年5月21日、株式会社グリーンケミカルは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大手製紙メーカーの王子ホールディングス株式会社です。 グリーンケミカルは、非可食バイオマス資源から作…
【東京都】「商店街デジタル化推進事業費補助金」
東京都は「商店街デジタル化推進事業費補助金」の募集開始を発表しました。 デジタル技術の活用に取り組む都内商店街に対し、必要な機器の購入やアプリ・各種システムの開発・構築などデジタル導入に要する経費のほ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】