注目のスタートアップ

支出管理にまつわるクラウドサービスを提供する「TOKIUM」が15億円調達

company

2024年6月21日、株式会社TOKIUMは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。

TOKIUMは、支出管理プラットフォーム「TOKIUM」を展開しています。

主なサービスとして、クラウド経費精算システム「TOKIUM経費精算」、クラウド請求書受領システム「TOKIUMインボイス」、クラウド文書管理システム「TOKIUM電子帳簿保存」、クラウド契約書管理システム「TOKIUM契約管理」を提供しています。

システムに人の力を組み合わせることで、精度の高いデータ化や、システムだけでは解決できない紙原本の取り扱い・保管など、アナログ部分の課題もまとめて解決しています。

今回の資金は、新サービス開発、機能拡充、採用強化、マーケティングなどに充当します。


支出管理は、企業の利益を把握したり、将来の状態を予測したり、コストを削減したりするための重要な要素です。

英語ではBusiness Spend Management(BSM)といい、欧米を中心とする先進国では、中小企業でも一般的となっている言葉です。

近年はデジタル化の進展によって企業のさまざまな業務に変革が訪れています。支出管理の領域でも、クラウドサービスの導入が進み、企業全体の支出の可視化・管理が実現されています。

これにより、どの部門から無駄な支出があるかなど、従来では難しかった細かい分析が可能となり、より戦略的なコスト削減などを実現できます。

創業期から経営の土台となるバックオフィス体制を構築することで結果的に業務が円滑になり、より多くの利益をあげられることになります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築の仕方や、バックオフィス業務などの効率化に役立つアウトソーシングの導入方法、外注の活用法について詳しく解説しています。

また、事業の成長のためには効率化だけでなく、積極的なチャレンジができるような資金を確保することも重要です。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BSM BtoB Business Spend Management TOKIUM TOKIUMインボイス TOKIUM契約管理 TOKIUM経費精算 TOKIUM電子帳簿保存 インボイス クラウド クラウドサービス システム プラットフォーム 支出管理 文書 株式会社 管理システム 経費精算 請求書 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

完全自動運転車を開発する「TURING」が10億円調達
2022年7月13日、TURING株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TURINGは、完全自動運転車(自動運転レベル5)を開発しています。 2022年7月時点では、自動運…
「創業手帳」によるオンライン・セミナー「初めての競合比較分析」が1/13に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析」を2021年1月13日(水)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析」は、だれでもすぐに始められる簡単なマーケティングの考え方を手順を追って説…
HRTechをベースとしたプロダクトなど開発の「HAB&Co.」が資金調達
2020年7月22日、株式会社HAB&Co.は、資金調達を実施したことを発表しました。 採用特化型・人材募集サイト開設・運用サービス「SHIRAHA(シラハ)」や、ハローワークの求人番号を入力するだけ…
CG業界マッチング「CGクラウド」の提供元が5,500万円調達!
株式会社TANOsimは、総額5,500万円の資金調達を実施したと発表しました。 引受先は、大和企業投資とKLab Venture Partnersです。 CG業界に特化したマッチングプラットフォーム…
13歳から19歳限定のオンライン・ラーニング・コミュニティ運営の「Inspire High」が資金調達
2020年4月16日、株式会社Inspire Highは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社である株式会社パルコとは資本業務提携を開始しています。 Inspire Highは、…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】