注目のスタートアップ

クラウド稟議・ワークフローの「kickflow」が2億円調達

company

2021年10月21日、株式会社kickflowは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

SmartHRのグループ会社として2020年2月12日に設立された企業です。2021年5月1日に、クラウド稟議・ワークフロー「kickflow」のβ版をリリースしています。

また、今回の資金調達にあわせ、「kickflow」を正式リリースしたことも発表しています。

「kickflow」は、中規模から大企業向けのクラウド稟議・ワークフローです。

紙・ハンコ不要で、簡単な操作であらゆる稟議・決裁を行うことができるツールです。

多くの企業の課題を解決するため、“フォームや承認経路”・“組織と権限”・“外部連携(API)”の3つの柔軟性を備えています。

今回の資金は、人材採用や、機能開発、サービス連携、顧客獲得の加速などに充当されます。

稟議とは、内容を書面でまとめ関係者に回覧してもらい承認を得る、意思確認・意思決定の方法のひとつです。

役員会議で決めるまでもない事柄の意思確認の方法として利用されていますが、組織が大きくなるほど稟議には多くの課題が発生します。

一番大きなものは、関係者が多くなればなるほど申請・承認までに時間がかかるという課題です。書類を回すための事務スタッフの手間や時間的コストも問題です。

また稟議は紙媒体で行われていることが多く、テレワーク中であっても稟議の申請・決裁のために出社をするといったケースもあったようです。

そのため大きな組織においては稟議の電子化・効率化は重要な取り組みのひとつです。

また、海外企業との取引を増やすためにもスピーディな意思決定が重要であるともいわれています。

意思決定の効率化のためには、ワークフローの見直しが必要となります。

稟議のプロセスには、申請・承認・保管・棄却・差戻などがあります。

このプロセスを自動化するものがワークフローシステムです。

ワークフローシステムを導入することで、稟議を効率化できるだけでなく、人為的なミスの削減にもつながります。

大きな組織ではすでに利用しているシステムがあり、それを変更することには大きな労力が伴います。しかし創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ kickflow SmartHR クラウド ワークフロー 株式会社 稟議 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…
卸・仕入れのプラットフォーム運営の「スペースエンジン」が1億円調達
2020年2月3日、株式会社スペースエンジンは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカーと店舗をつなぐ卸・仕入れのプラットフォーム「SpaceEngine」を運営しています。 店頭…
マルチ決済プラットフォーム「elepay」開発の「ELESTYLE」が8,460万円調達
2019年7月30日、ELESTYLE株式会社は、総額8,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シンプルなコード記述だけで国内外で主要なモバイル決済サービスが利用できるプラットフォーム「…
家具のサブスクリプション・サービス「airRoom」の運営元が1億円調達
2019年7月24日、株式会社Elalyは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリアのサブスクリプション・サービス「airRoom」を運営しています。 人気家具ブランドの…
企業と人事に特化した信用調査会社「テイタン」と与信管理ASPクラウドサービスを提供の「リスクモンスター」が業務提携
2020年10月19日、株式会社テイタンは、リスクモンスター株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 テイタンは、信用調査や企業調査を行う総合探偵・調査会社です。 リスクモンスターは、イン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ