注目のスタートアップ

ウェアラブルな生体センシング用エコープローブを開発する「サーモンテック」が1億円調達

company

2024年6月18日、株式会社サーモンテックは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

サーモンテックは、ウェアラブルな生体センシング用エコープローブを開発しています。

薄くて柔軟性があるため身体の曲線に沿って曲げることが可能であるため、骨張った部位や入り込んだ部位でも患者に負担を掛けることなく利用することができます。また、身体に貼ったままにできるため、負担なく長時間撮影を行うことができます。

現在、この技術を最大限に活用できるシーンを探索しつつ、製品販売を目指して開発を進めています。

今回の資金調達により、医療機器・ヘルスケアの事業化を加速します。


エコープローブとは、患者の身体の内部を撮影するエコー機器において、患者の身体に直接当てる部分のことです。単にプローブと呼ばれることもあります。

現在普及しているエコー機器のプローブは、小売店のレジで用いられているバーコードリーダーのようなものが主流で、検査担当者がプローブを持ち、検査したい場所に押し当てて撮影を行います。

エコー検査は妊娠時において胎児の様子を把握するために利用されていることがよくイメージされますが、そのほかにも幅広い臓器や疾患の検査で利用されており、また患者への負担が少ないことから、多くの医療機関において臨床での欠かせないツールとなっています。

一方、現在のプローブは手に持ちながら患者の身体に当てる必要があるため、長時間の撮影時は検査担当者に相応の負担がかかります。またプローブも硬いため、当てる部位によって患者に不快感や痛みが生じることがあります。

サーモンテックはこうしたプローブが抱える課題を解決するため、柔軟で貼り付け可能なプローブを開発しています。

事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ウェアラブル エコー エコープローブ サーモンテック センシング プローブ 医療 医療機器 株式会社 生体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

入退室管理システム「Akerun入退室管理システム」提供の「Photosynth」が17.5億円調達
2021年7月7日、株式会社Photosynthは、総額17億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートロックを活用した入退室管理システム「入退室管理システム」を提供しています。…
空中発射方式による衛星軌道投入ロケットを開発する「AstroX」が5,000万円調達
2022年12月14日、AstroX株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AstroXは、空中発射方式(ロックーン方式)による衛星軌道投入ロケットを開発しています。 …
現代アートのサブスクリプション・サービス運営の「Casie」が1億円調達
2020年4月15日、株式会社Casieは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのサブスクリプション・サービス「Casie(かしえ)」を運営しています。 国内外のアーティスト…
Webマーケティングプラットフォーム「dejam」を運営する「LeanGo」が資金調達
2022年11月1日、株式会社LeanGoは、資金調達を実施したことを発表しました。 LeanGoは、WebマーケティングのPDCAを高速化するためのプラットフォーム「dejam(デジャム)」を運営し…
地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達
2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】