注目のスタートアップ

3次元形状処理エンジンを活用した産業用ロボットの自律化を展開する「リンクウィズ」が6.5億円調達

company

2024年5月21日、リンクウィズ株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

リンクウィズは、3次元形状処理エンジンを活用した産業用ロボットの自律化を展開しています。

生産最適化システム「L-ROBOT」、自動検査システム「L-QUALIFY」、生産データ管理分析ツール「LINKWIZ FACTORY CLOUD」、溶接加工自働化のオールインワンソリューション「L-ROBOT板金溶接パッケージ」を提供しています。

「L-ROBOT板金溶接パッケージ」は、産業用ロボットコントロールソフトウェア「L-ROBOT」をベースに、精密板金TIG溶接向けに開発したプロダクトです。協働ロボット、3Dスキャナ、タブレットコントローラー、TIG溶接機、架台、制御盤などをパッケージ化しています。

今回の資金は、事業活動の加速、技術開発、人材開発などに充当します。


製造業は国内GDPの約2割を占める基幹産業です。しかし、少子高齢化による人材不足や国際競争の激化に伴う競争力の低下といった課題に直面しています。

製造業をさらに競争力のある産業へと発展させるためには、デジタル化やデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が不可欠です。

このような状況下で、製造業ではAI・IoT・ロボティクスなどの先端技術の活用が進められており、これらの技術は生産性向上や品質確保など多岐にわたる恩恵をもたらしています。特に、自律ロボットは効率化と省人化を実現するため、多くの製造業で注目を集めています。

しかし、製造現場でロボットが行う作業の大半は運搬、組立、スポット溶接などであり、製造業における最も一般的な作業である加工分野では、ロボットの導入が進んでいないという課題があります。

加工分野でロボットの導入が進まない理由の一つに、ソフトウェア面の課題があります。ロボットの動作には、AIに作業を教えるティーチングが必要ですが、加工プロセスではこのティーチングが非常に複雑で大量の作業が必要となるため、大量生産でない限り手作業の方がコスト効率が良いという状況です。

リンクウィズの「L-ROBOT」は、3Dスキャナーを用いて対象ワークの形状を認識し、その形状の違いに応じてティーチングデータを自動で生成・補正することで加工不良ゼロを実現するソフトウェアです。この「L-ROBOT」を基にした板金TIG溶接向けのパッケージ製品が「L-ROBOT板金溶接パッケージ」です。

板金TIG溶接は微細な精度が要求され、高いスキルを持つ溶接工に依存していました。そのため、ロボットによる自動化も難しく、精密板金の現場は生産効率向上や人材確保の課題に直面していました。

「L-ROBOT板金溶接パッケージ」は、ワークの形状や位置のバラツキに合わせて自動で動作を補正し、ロボットによるTIG溶接を可能にする製品です。これにより、ロボット操作や溶接の経験がない従業員でも溶接作業に従事でき、精密板金現場の課題を解決します。

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DX L-ROBOT L-ROBOT板金溶接パッケージ TIG溶接 デジタルトランスフォーメーション ものづくり リンクウィズ ロボット 処理 株式会社 検査 生産 生産性向上 産業 産業用ロボット 研究開発 自動 自動化 自律化 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フェロトーシスを標的とした抗がん剤を開発する「FerroptoCure」が資金調達
2023年6月5日、株式会社FerroptoCureは、資金調達を実施したことを発表しました。 FerroptoCureは、慶應義塾大学 遺伝子制御研究部門にて開発した研究成果をもとに、東大IPC主催…
令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域DX支援活動型」
経済産業省は、令和5年度「中小企業地域経済政策推進事業費補助金(地域DX促進環境整備事業)地域DX支援活動型」の補助事業者の公募について発表しました。 地域企業で取り組みが遅れているDXを強力に推進す…
「Chatwork」が企業向けMVNO事業に新規参入 「Chatwork Mobile」としてモバイル端末を提供
2022年4月25日、Chatwork株式会社は、仮想移動体通信事業(MVNO)に新規参入し、「Chatwork Mobile」の提供を開始することを発表しました。 「Chatwork Mobile」…
「IT導入補助金2023」 3月28日から交付申請受付を開始
「IT導入補助金2023」の交付申請期間が2023年3月28日(火)から始まります。 事業目的 通常枠(A・B類型) 中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部…
心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達
2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】