注目のスタートアップ

AIインカムアプリ「RECAIUSフィールドボイスインカム」を提供する「ボイット」が1億円調達

company

2024年5月15日、ボイット株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ボイットは、AIインカムアプリ「RECAIUSフィールドボイスインカム」を提供しています。

2023年10月1日付で、東芝デジタルソリューションズ株式会社が開発・運営していた「フィールドボイスインカム」事業を譲受し、新機能の開発や事業拡大を進めています。

このアプリは、スマートフォンにインストールすることで、スマホをインカムとして利用できるチームコラボレーションアプリです。

AIを活用することで発話内容の文字起こしを行い、テキスト入力された内容を合成音声として相手に伝えることができます。また、テキスト入力にも対応しており、指示をテキストで入力し、現場に合成音声で伝えることが可能です。

これによりスマホの画面操作に制限のある現場でもクリアな音声でコミュニケーションを取ることができます。

今回の資金調達により、自社サービスの新機能開発、他社システムとの連携強化を進めます。


世界の労働人口の約80%は、建設・製造・農業・運輸・教育・ヘルスケア・小売・ホテルなどのノンデスクワーカーです。国内では約半数がノンデスクワーカーとなっています。

このようにノンデスクワーカーは労働人口においてかなりの割合を占めているものの、現在提供されているデジタルツールのほとんどはデスクワーカー向けのものです。つまり、ノンデスクワーカーはデジタル化の恩恵を受けることができていないという状況にあります。

現場でもチャットツールやビデオ通話などのデジタルツールの利用が試されていますが、現場では画面を見たりそれを操作したりすることが困難であるケースも多いことから、これらツールの利用には課題が残っています。そのため現場では電話やトランシーバー(インカム)でのコミュニケーションが主流となっています。

一方で電話やトランシーバーにも課題は残されています。たとえば、電話の場合はいちいち掛ける必要があること、トランシーバーには距離の制限があることなどが課題として挙げられます。

ボイットが提供する「フィールドボイスインカム」は、スマートフォンで利用できるインカムアプリであり、合成音声でのコミュニケーション、文字起こし機能など、現場での利用に最適化された機能を特徴としています。

さまざまなデジタルツールが登場している現在、企業を成長させるためには、自社に最適なテクノロジーやシステムを導入・活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

また、こうした設備や生産性向上に向けた投資のためには、資金調達を実施することも必要かもしれません。「資金調達手帳」では、出資や融資に関するノウハウなどを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB RECAIUS VOYT アプリ インカム コミュニケーション スマートフォン チームコラボレーション チャット テキスト フィールドボイスインカム ボイス ボイット 合成音声 株式会社 現場 資金調達 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発する「Porro」が資金調達
2022年7月1日、株式会社Porroは、資金調達を実施したことを発表しました。 Porroは、応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発しています。 月額メンバーシップを通じ、熱心なフ…
アフリカの未電化・未電波地域に電気・通信を届ける「TUMIQUI」を展開する「シュークルキューブジャポン」が資金調達
2022年6月30日、株式会社シュークルキューブジャポンは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関西電力グループのコーポレートベンチャーキャピタル・合同会社K4 Venturesと、シブ…
観葉植物・花のD2Cオンラインストア「AND PLANTS」を運営する「Domuz」が1億円調達
2023年3月3日、株式会社Domuzは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Domuzは、観葉植物・花のD2Cオンラインストア「AND PLANTS」を運営しています。 ライフスタイ…
ジャパンネット銀行と弥生、公式連携を開始
株式会社ジャパンネット銀行と、弥生株式会社は、弥生が提供する口座連携機能とジャパンネット銀行が提供するインターネットバンキングの参照系APIとの連携開始を発表しました。 ジャパンネット銀行に口座を持ち…
不動産開発を中心としたまちづくりを手がける「NEWLOCAL」が3,000万円調達
2023年9月21日、株式会社NEWLOCALは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、自然電力株式会社、株式会社ゼブラアンドカンパニーなどです。 NEWLOCALは…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】