注目のスタートアップ

データ・AI活用やデジタルビジネスのコンサルティングなどを手がける「データミックス」が1.22億円調達

company

2024年4月2日、株式会社データミックスは、1億2,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、NTTファイナンス株式会社と株式会社FEインベストです。

データミックスは、データ・AI活用やデジタルビジネスのコンサルティングや、教育・研修現場の課題に対するソリューションシステムの企画・開発、データサイエンス領域における教育プログラム企画・開発・運営、法人向け研修プログラムの提供、データサイエンス人材の人材紹介事業を展開しています。

今回の資金調達により、より学習効果の高いデータサイエンス教育カリキュラムとコンテンツの開発、各種サービスの認知向上を目的とした活動の強化を行っていきます。


近年、テクノロジーの発展により、企業ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が推し進められています。

DXとは、テクノロジーとデータの活用により、事業や企業のあり方を変革し、競争優位性を確立する施策のことです。

こうした背景のもと、企業では業務効率化・省人化・自動化のためにクラウドサービスや、AI、ロボットなどの導入が進められています。

一方で、DXではデータ活用も重要な要素なのですが、多くの企業ではデジタル化と比較してデータ活用が遅れているという状況にあります。

データ活用が遅れている理由としては、データ活用を実現する人材の不足、データ活用のための基盤が整備されていないことなどが挙げられます。

近年はさまざまな領域で人手不足が深刻化しているため、データサイエンティストなどの専門的な人材を獲得することは困難な状況にあります。

したがって、すでに所属している社員などの人材にデータサイエンス教育を施すといった取り組みに注目が集まっています。

データミックスは、2017年からデータサイエンス教育を行い、ビジネス界におけるデータ活用に貢献しています。

AI技術の発展により、ビッグデータの活用が進んでいます。またデータ分析の効果を最大化させるには、データ活用を前提とした業務環境を整えることも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、資金調達に関するノウハウについては、「資金調達手帳」で提供してます。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB カリキュラム コンサルティング コンテンツ ソリューション データ データサイエンス データミックス データ活用 デジタル 人材紹介事業 学習 教育 教育プログラム 活用 研修 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

派遣業界特化のキャリア形成支援プラットフォーム運営の「manebi」が資金調達
2019年10月15日、株式会社manebiは、資金調達を実施したことを発表しました。 派遣業界に特化したキャリア形成支援プラットフォーム「派遣のミカタeラーニング」を運営しています。 派遣スタッフの…
グローバル向け算数学習アプリを開発する「Mathmaji」が資金調達
2023年6月30日、株式会社Mathmajiは、資金調達を実施したことを発表しました。 Mathmajiは、グローバル向け算数学習アプリ「Mathmaji(マスマジ)」を開発しています。 現在β版を…
福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」など運営の「ベター・プレイス」が5.4億円調達
2021年12月22日、株式会社ベター・プレイスは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」の委託運営・導入支援や、福…
「メディアインキュベート」がスポーツ業界に特化したBtoBインフルエンサープラットフォーム「Sportfluence」の立ち上げを発表
2023年5月2日、株式会社メディアインキュベートは、「Sportfluence(スポーツインフルエンス)」を立ち上げることを発表しました。 「Sportfluence」は、スポーツ業界に特化したBt…
投資家向け企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営する「バフェットコード」が資金調達
2022年9月26日、バフェットコード株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 バフェットコードは、企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営しています。 EDINETやコーポレート…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】