注目のスタートアップ

大型3Dプリンターを活用した建築部材を製造・販売する「DigitalArchi」が資金調達

company

2024年2月19日、株式会社DigitalArchiは、資金調達を実施したことを発表しました。

DigitalArchiは、独自に開発した大型3Dプリンターを活用し、建築用樹脂製コンクリート型枠や内外装パネルなどの建築部材を製造・販売しています。

従来の建築部材を超える機能性を持つ建築用樹脂製コンクリート型枠や内外装パネルなどの多機能モジュール建材を低コストで製造し、デジタル技術によって現場作業を効率化する工法を開発・提案しています。

材料には再生プラスチックを利用しており、資源循環による持続可能な社会実現に取り組んでいます。

今回の資金は、拠点開設、生産力強化に充当します。

今後、建設現場での実証実験を加速させていきます。


コンクリート型枠は、鉄筋コンクリートでできた建築物をつくる際に利用される部材です。コンクリートが固まるまでの間、その形を保持するための「枠」として利用されます。

この型枠を利用した型枠工事は、図面を読み取り、型枠部材を加工し、正確に型枠を設置し、コンクリートを流し、コンクリートが固まったら型枠を取り外すといったプロセスで行われます。型枠工事はコンクリートの形や耐久性を決定する根幹部分の工事であるため、専門の職人である型枠大工が担当します。

建設業は、長時間労働、高齢化・人材不足、低い労働生産性といった課題を抱えています。

したがって、最新のテクノロジーを活用し、効率化や人手不足の改善などの取り組みを進めていくことが求められています。

型枠工事においては、多くのプロセスにおいて技量と時間が要求されるため、テクノロジーによる効率化や新たな工法の開発は重要な要素であるといえます。

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3Dプリンター BtoB DigitalArchi コンクリート型枠 プラスチック 型枠工事 建築 建築部材 建設 樹脂 製造 販売
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

訪日中国人向けインバウンド総合プラットフォームサービスを展開する「Japan DX」が1.5億円調達
2024年3月8日、Japan DX株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Japan DXは、訪日中国人向けインバウンド総合プラットフォームサービスを展開していま…
賞味期限間近の商品などをお得に販売するECサイト「Kuradashi」を運営する「クラダシ」が6.5億円調達
2022年7月6日、株式会社クラダシは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラダシは、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営しています。 賞味期限間近の商…
2024年秋に大阪でライドシェアサービスの展開を目指す「newmo」が3億円調達
2024年5月8日、newmo株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達により、累計約20億円の調達となりました。 newmoは、ライドシェアサービスの実現のため、2…
クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」 構造図から豆図を自動で検出・保存する「豆図AIキャプチャー」機能を提供開始
2023年7月14日、株式会社アンドパッドは、提供する「ANDPAD」において、「豆図AIキャプチャー」機能の提供を開始することを発表しました。 「ANDPAD」は、クラウド型建設プロジェクト管理サー…
習慣化アプリ「みんチャレ」を手がける「エーテンラボ」が資金調達
2024年1月22日、エーテンラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 今回のA2ラウンドでの調達額は、合計4億4,000万円となります エーテンラボは、習慣化アプリ「みんチャレ」を開発…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】