令和6年度「地域資源活用展開支援事業」補助金

subsidy

農林水産省は、令和6年度「地域資源活用展開支援事業」の公募について発表しました。

農山漁村における再生可能エネルギーの導入拡大に向け、総合的かつ集中的に再生可能エネルギーの地域内活用の体制構築の取組を支援します。

事業内容

(1)専門家によるワンストップ対応型および普及支援型

農山漁村地域における再生可能エネルギーの導入に向け、農林漁業者や市町村等からの問合せをワンストップで受け付け、現場のニーズに応じて、設備導入や基本計画、設備整備計画の作成、協議会の設置に向けた専門家による相談対応、現地への派遣、セミナー等の開催の取組について支援する。また、様々な課題解決に向けた取組事例について情報を収集し、再エネ設備導入の普及を支援する。

(2)バイオマス活用展開調査型

バイオマス活用推進基本計画のフォローアップに向けて、①バイオマス活用推進基本計画の主要指標に含まれておらず、これまで本基本計画で取り扱ってこなかったバイオマスの全国の賦存量や利用率等の算出方法の検討、②技術開発やイノベーションにより将来的に社会実装が見込まれる新たなバイオマス製品及びバイオマスエネルギー分野の市場規模の算出方法の検討を支援する。
上記の算出方法をとりまとめたバイオマス活用推進基本計画のフォローアップ方法(案)を検討するための取組について支援する。

(3)先進事例の情報普及型

脱炭素化の実現を目指す地域へ情報を横展開していくため、バイオマス産業都市等におけるバイオマス利活用構想の先進事例の調査、情報発信ツールの整備やバイオマスの活用に関する人材育成等の取組を支援する。

(4)農村地域におけるGX実現モデル調査型

①農村地域における次世代型太陽電池導入の事業化可能性調査
農村地域における次世代型太陽電池(ペロブスカイト)の導入について、適当な手法(営農型太陽光発電等)、手法ごとの採算性、手法ごとの課題と課題解決策の検討等の取組を支援する。

②国産資源作物由来のSAF製造に向けた事業化可能性調査
国内の資源作物由来のSAFに関する先進実証事例の調査や、地域別の荒廃農地における資源作物の栽培からSAF等の原料利用に至るまでの地域資源循環モデルのFSの実施等の取組を支援する。

上記①と②の調査を一体的に取り組むものとする

公募期間

2024年2月9日(金)~2024年3月8日(金)


化石燃料からの脱却、二酸化炭素など温室効果ガス削減のため、世界的に再生可能エネルギーの導入が進められています。

とくに日本は化石燃料の供給を海外に依存する構造であるため、地政学的リスクを低減するためにも、国内で安定的に供給可能なエネルギー源を確立することが求められています。

再生可能エネルギーは、太陽光・風力・バイオマスなど枯渇しない資源を利用したエネルギーのことです。

農山漁村にはこうした資源が豊富に眠っていることから、再生可能エネルギーの活用がしやすい環境にあるといえます。

たとえば、農地に支柱等を設置しその上部で太陽光発電を行う営農型太陽光発電や、水の豊富な土地では小規模な水力発電の設置、林業における木質バイオマス発電、家畜排泄物を活用したバイオガス発電などが挙げられます。

今回の「地域資源活用展開支援事業」は、こうした農山漁村における再生可能エネルギーの導入を拡大するための多様な取り組みを支援しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、ブルーベリーファームおかざきとコラボし、農業での起業について解説する冊子「ブルーベリー観光農園始め方ガイド」を無料でお送りしています。このガイドブックでは、ブルーベリー農園立ち上げのリアルな実体験や、事業計画の作り方、経営手法などを解説しています。

さらに、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 令和6年度 再生可能エネルギー 地域資源活用展開支援事業 補助金 農山漁村 農林水産省
詳細はこちら

令和6年度地域資源活用展開支援事業の公募について

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「高度外国人材採用に資する寄附講座事業」補助金
一般財団法人海外産業人材育成協会は「高度外国人材採用に資する寄附講座事業」を実施しています。 寄附講座は日本企業・現地日系企業等の協力により、開発途上国または日本の大学等における講座(特別講座)の開設…
IT導入補助金2023「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」(8次締切分)交付決定事業者が公表
IT導入補助金2023「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」(8次締切分)の交付決定事業者が公表されました。 「デジタル化基盤導入類型」は、中小企業・小規模事業者等が導入する会計ソフト・受…
令和4年度第2次補正予算「探究的学習関連サービス等利活用促進事業費補助金(探究的な学び支援補助金2023)」採択事業者更新
令和4年度第2次補正予算「探究的学習関連サービス等利活用促進事業費補助金(探究的な学び支援補助金2023)」の採択事業者が更新されました。 学校等教育機関における探究学習等の高度化を推進するため、探究…
「食品原材料調達リスク軽減対策事業」補助金
令和5年度補正予算「食品原材料調達リスク軽減対策事業」のご案内です。 輸入食品原材料の調達リスクを抱える食品製造事業者等に対し、産地との連携強化、原材料調達先の多様化の取り組みを支援することでフードサ…
【東京都】「AI等先端技術を活用した受入環境高度化支援事業」補助金
東京都は、「AI等先端技術を活用した受入環境高度化支援事業」の公募について発表しました。 エリア単位で観光関連事業者等が連携し、AI等先端技術を活用した観光地の面的な高付加価値化を図る取り組みを支援し…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】