店舗クラウドPOSシステムの「スマレジ」と倉庫業務効率化SaaSの「ロジクラ」が連携開始

2020年10月15日、株式会社ロジクラは、株式会社スマレジと連携することを発表しました。

ロジクラは、入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理することができる、クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」を提供しています。

スマレジは、iPadやiPhoneを使った店舗クラウドPOSシステム「スマレジ」を提供しています。

今回の「ロジクラ」と「スマレジ」のシステム連携を活用することで以下のメリットを得ることができます。
・店舗からも倉庫からも配送できるフルフィルメントネットワークの構築
・倉庫在庫と店舗在庫の統合管理の実現と、在庫の適性コントロールによる欠品させないオペレーションの構築

小売業界はいくつもの課題を抱えています。まず、国内市場の縮小が挙げられます。今後、総人口の減少にともなって顧客数が減っていくことが予想されています。

また、インターネットの普及により、消費の中心がインターネットになったことも挙げられます。これにより、リアル店舗で商品の現物を確認したあと、ネット通販で購入する消費者が多くなりました。

小売業が利益を上げていくためには、実店舗の強みを生かした、オムニチャンネル戦略が有効だといわれています。

この戦略の実現のためには、ネットとリアルの融合を前提にした物流基盤の強化が欠かせません。

小売事業者は、店舗という出荷拠点を持っているため、店舗在庫をうまく活用することで、スピーディな配送を実現することができます。

また、消費者のライフスタイルに合わせた、“店舗受け取り”などの付加価値を提供するためには、複雑な管理業務を処理するシステムを構築する必要があります。

プロダクトを開発したあとは販売のことを考えなくてはなりません。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用したマーケティングについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ API POS クラウド スマレジ ロジクラ 倉庫 在庫管理 小売 店舗 株式会社 業務効率化 連携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ