注目のスタートアップ

宇宙ビッグデータを活用した土地評価サービス「天地人コンパス」を展開するJAXAベンチャー「天地人」が2.5億円調達

company

2024年1月31日、株式会社天地人は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

天地人は、地球観測衛星などから得られる宇宙ビッグデータを活用した土地評価サービス「天地人コンパス」をコア事業とするJAXAベンチャーです。

異常気象や地盤沈下などによる水道管の劣化を宇宙から見抜く「天地人コンパス 宇宙水道局」や、気候変動に対応したブランド米をつくる「宇宙ビッグデータ米」などを展開しています。

今回の資金は、「天地人コンパス」事業加速を目的とした事業運営・開発に充当します。


2010年の世界における宇宙ビジネス市場規模は約27兆円でしたが、2019年には約40兆円に大きく拡大しています。

さらに宇宙ビジネスは成長市場であると世界的に認識されており、2040年代には100兆円を超えるという予測もあります。

この成長の背景には小型衛星開発の進展に伴う衛星打ち上げの低コスト化があります。

小型衛星ならばロケット打ち上げ時に従来よりも多くの人工衛星を一度に打ち上げることが可能です。また製造コストも低くなるため、民間事業者の宇宙事業参入が可能となったのです。

こうした背景のもと成長している領域が衛星サービスです。

衛星サービスは、人工衛星から得られるデータを分析・活用し、さまざまなサービスを提供する領域です。農地分析、商業施設における売上推測、人流分析、災害対策、地盤沈下やインフラ施設の監視、海洋状況把握など多岐にわたります。

こうした中、天地人はJAXA認定の宇宙ベンチャーとして、土地評価サービス「天地人コンパス」を展開しています。

2023年4月から開始した「天地人コンパス 宇宙水道局」は、水道管の漏水リスク管理業務システムです。宇宙ビッグデータ、水道事業者保有の水道管路情報、漏水履歴、オープンデータなどを組み合わせてAIで解析することで、漏水リスクを評価するサービスです。

現在、全国では水道施設の老朽化が課題となっています。水道管の劣化スピードはその土壌によって大きく変わるため、老朽化の激しいもの・そうでないものを適切に見極め、点検・補修などを行っていく必要があります。しかし水道管は地面の下にあるものであり、目視による点検が困難です。地面を掘り返すにもコストがかかることから、外部から高精度に確認できるシステムが求められています。

ビジネスの大きな成長のためには戦略的な資金調達が必要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB JAXA インフラ 分析 土地評価 地球観測 天地人 天地人コンパス 宇宙 宇宙ビッグデータ 株式会社 気候変動 水道管 点検 衛星 衛星サービス 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI Vtuber「紡ネン」やNFTプロジェクト「NEN」を展開する「Pictoria」が1.2億円調達
2022年5月31日、株式会社Pictoriaは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Pictoriaは、AI VTuber「紡ネン」や、NFTプロジェクト「NEN」を展開…
AIクローン技術を活用したパーソナルAIの実用化やAIソリューションの開発・提供を手がける「オルツ」が19億円調達
2023年9月19日、株式会社オルツは、総額約19億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オルツは、「P.A.I.(パーソナル人工知能)」をはじめとするAIクローン技術で作りだすパーソナルAIの…
難治性疾患に対する抗体医薬品を開発する大阪大学発創薬ベンチャー「ペリオセラピア」が3.6億円調達
2023年10月30日、ペリオセラピア株式会社は、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ペリオセラピアは、難治性疾患に対する抗体医薬品を開発する大阪大学発の創薬ベンチャー企業…
自動運転技術を活用した物流インフラの構築を目指す「T2」が35億円調達
2023年9月1日、株式会社T2は、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 T2は、自動運転技術を活用した物流インフラの構築を目指しています。 レベル4自動運転トラックによる幹線輸送サー…
飲食店の余った料理とユーザーをつないで食品ロスを削減する「TABETE」展開の「コークッキング」が1.1億円調達
2022年1月31日、株式会社コークッキングは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フードシェアリングサービス「TABETE」を運営しています。 中食・飲食店舗において、ま…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】