注目のスタートアップ

かかりつけ医を推進するプロダクトを開発・提供する「レイヤード」が「メディパル」「FFGベンチャービジネスパートナーズ」と資本提携

company

2023年1月16日、株式会社レイヤードは、メディカル・データ・ビジョン株式会社と資本業務提携および、株式会社メディパルホールディングス、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下のベンチャーキャピタルである株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズと資本提携したことを発表しました。

レイヤードは、Web問診「Symview(シムビュー)」、電話自動応答システム「Iver(アイバー)」、Web戦略サポート「Wehub(ウィーハブ)」、LINEサポート「Sairai(サイライ)」、PRM(慢性疾患管理)「Kakarite(カカリテ)」といったかかりつけ医を推進する各種プロダクトを開発・提供しています。

今回のメディパル、FFGベンチャービジネスパートナーズ(FFGV)との資本提携を通じ、レイヤードのプロダクトのクリニックへの導入をさらに加速させる予定です。

さらにメディカル・データ・ビジョン(MDV)との資本業務提携により、MDVの顧客であるDPC対象病院に「Symview」を展開し、レイヤードが保有する医療データについて、MDVのデータ利活用のノウハウを活用しながらビジネス化を目指します。

また、ふくおかフィナンシャルグループとヘルスケア×Fintechの領域で新たなビジネスの創出を目指します。


近年、患者の医療機関の選択においては、医療機関の外来機能の情報が十分に提供されていないことなどの理由により、大病院などの一部の医療機関に外来患者が集中しています。

今後国内では少子高齢化が進展し、2025年には4人に1人が75歳以上の高齢者となるため、医療機関の利用の偏りは大病院の待ち時間増加・負担増加などの問題をさらに大きくするものと考えられます。

この問題を解決するため、国内では地域医療連携体制の構築、かかりつけ医の普及などが推進されています。

かかりつけ医とは、日常生活における健康の相談から、傷病による受診、通院など、健康をサポートする医師・医療機関のことです。

主に地域に密着した町のクリニックが担うものとされています。

今後、医療機関における役割分担が明確になり、医療機関の連携が進むにつれ、町のクリニックはより多くの患者を診る必要がでてきます。その負担を軽減し、さらに患者ごとに最適な診療を提供するためにも、デジタル化が求められています。

社会課題の解決のための取り組みが推進されるに伴い、さまざまな業界でデジタル化のニーズが高まっています。医療などでは専門的な知識を求められる領域がある一方で、情報のやり取りなど以前からIT系が得意としていたものも強く求められています。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析・把握し、新たなビジネスの創造に役立つフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FFGベンチャービジネスパートナーズ Iver Kakarite Sairai Symview Wehub かかりつけ医 クリニック メディカル・データ・ビジョン メディパルホールディングス 医療 医療機関 株式会社 資本提携 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が18.5億円調達
2021年4月19日、DAIZ株式会社は、総額18億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、2021年3月25日に発表した農林中央金庫からの出資も含まれています。 DAIZは、…
契約マネジメントシステム提供の「ContractS」が転職サイト運営の「キャリアインデックス」の子会社に
2022年5月20日、ContractS株式会社は、株式会社キャリアインデックスのグループへの参画について合意したことを発表しました。 また、キャリアインデックスは、ContractSの株式を2022…
社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム運営の「クラダシ」が長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始
2020年12月4日、株式会社クラダシは、長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始することを発表しました。 クラダシは、社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム「KURADASHI」を運営し…
「メドピア」が日常の臨床現場から出る医療データ(リアルワールドデータ)の利活用事業を共同展開する「4DIN」に出資
2022年9月26日、メドピア株式会社は、株式会社4DINが2022年10月28日付で実施する第三者割当増資による出資に応じることを決議したことを発表しました。 メドピアは、医師専用コミュニティサイト…
「かごしまスタートアップ支援ファンド」が地方創生×データ分析の「Village AI」に投資を実行
2023年1月16日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社チェンジ、および株式会社チェンジ鹿児島と共同で2022年6月に設立した「かごしまスタートアップ支援投資事業有限責任組合」より、…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ