注目のスタートアップ

製造業向け生産管理クラウドシステム「スマートF」を提供する「ネクスタ」が4.2億円調達

company

2023年12月26日、株式会社ネクスタは、総額約4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ネクスタは、製造業向け生産管理クラウドシステム「スマートF」シリーズを提供しています。

充実した機能とノーコードの設定により、個別カスタマイズなしでも導入できるシステムとして構築しています。

2023年12月現在、在庫管理、工程管理、受注管理、発注管理、品質管理、原価管理の6つのプロダクトを展開しています。

また、製造現場を深く理解した導入支援担当により、導入先企業の業務フローをヒアリングした上で業務改善の提案を行うことも特徴としています。

今回の資金は、さらなるプロダクト強化、採用強化などに充当する予定です。


製造業は、国内総生産(GDP)の約2割を占める主要産業です。しかしながら、人材不足や激しい国際競争による競争力の低下などの問題に直面しています。

製造業を持続的に発展させ、さらに再び競争力のある産業へと復活させるには、抜本的なデジタル化を図ることが必要不可欠です。

製造業において重要性の高い業務のひとつに生産管理があります。生産管理は、品質の良いものを、原価を抑え、最短でつくることを目的としています。

しかし、製造業の生産工程は複数の要素で成り立っており、生産管理が担う範囲は、製品・部品などの需要予測から、生産計画の作成、調達・購買、工程管理、品質管理、在庫管理と多岐にわたります。

したがって、多くの企業では独自の管理システムが稼働しているほか、業務そのものも属人的なものとなり、新たなシステムの導入や業務の改善などが困難となっている現状があります。

ネクスタは、こうした課題を解決し、製造業の生産性を向上させるため、生産管理SaaS「スマートF」を提供しています。

「スマートF」の特徴は、カスタマイズ不要で導入できること、現場に精通したスタッフにより導入から業務改善を支援するコンサルティングを提供していることです。

デジタル化は、これまで非効率的だった業務を大幅に効率化してくれる可能性があります。企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また抜本的なシステム投資においては資金調達の実施も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達ノウハウについても詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB SaaS クラウド システム スマートF ネクスタ ノーコード ものづくり 原価管理 受注管理 品質管理 在庫管理 工程管理 株式会社 生産管理 発注管理 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team」運営の「noco」が1.3億円調達
2022年2月21日、noco株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team(トースターチーム)」を運営しています…
「47agent」が2,800万円調達 転職エージェント専用のアライアンスプラットフォーム「47agent」をリリース
2022年9月30日、47agent株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「47agent」を2022年10月1日に正式リリースすることも併せて発表しています。…
対話型AI面接サービス「SHaiN」を提供する「タレントアンドアセスメント」が資金調達
2024年1月30日、株式会社タレントアンドアセスメントは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、北陸地域ベンチャー投資事業有限責任組合(北陸地域ベンチャーファンド)です。 今回の資金調達…
【2024年2月9日開催】関西Tech to Bizネットワーク「ピッチイベント」
2023年11月7日、経済産業省近畿経済産業局は、2024年2月開催「ピッチイベント」の登壇者募集について発表しました。 令和6年2月開催「ピッチイベント」にて、Go-Tech・サポイン事業で開発した…
完全AI制御型の防犯・監視カメラ・ソリューション「JUSTICEYE」提供の「千里眼」が1.3億円調達
千里眼株式会社は、約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 完全AI制御型の防犯・監視カメラ・ソリューション「JUSTICEYE(ジャスティスアイ)」を提供しています。 プライバシ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】