太陽光発電投資ファンドの「ゼック」とドイツのVPP事業者「in.power」の合併会社「ZECPOWER」が始動

tips

2020年12月4日、株式会社ゼックは、in.power GmbHとの合併で今年新たに設立した株式会社ZECPOWERが始動したことを発表しました。

ゼックは、太陽光発電投資ファンド事業を展開しています。

in.powerは、10年以上前からVPP(仮想発電所)の構想を事業化し、現在も約1.3GWの再エネ電力ポートフォリオを有して欧州卸電力取引所への直接販売などを行っています。

今回の合併会社であるZECPOWERは、発電側のアグリゲーターとして日本国内に分散するFIP電源をとりまとめて市場取引を行うサービスなどを提供していきます。

太陽光発電では、再生可能エネルギーの普及促進のため、売電から10年間は政府が定めた所定の金額で買い取る固定価格買取制度(FIT制度)というものがありました。

現在では再生可能エネルギーの割合が増えたこと、またそれに伴い、再エネ賦課金の負担額が増加したことにより、FIT制度の見直しや廃止も検討されています。

そして、新たな制度として、2020年度からFIP制度が導入されるされることも決定しています。

FIP(Feed-in-Premium)制度は、再生可能エネルギーの売電時に、基準価格と市場価格の差額をプレミアム額として交付する制度です。

この制度が開始されることにより、FIT制度では免除されていた市場取引を行わなくてはならなくなりました。

これにより再生可能エネルギー発電事業者は、FIT制度の時とは別の運用が求められることになります。

起業ではオフィス、電気、インターネットなど様々な契約が必要となります。なるべくコストを抑えたいと考えるのが起業家です。しかし、環境・社会・ガバナンスに関するサスティナブルな取組みを行っている企業に投資するESG投資が注目されていることもあり、コストだけではなく中長期的な面を考慮するのもよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、オフィス契約の際の注意点などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ in.power VPP ZECPOWER ゼック ゼックパワー ドイツ ファンド 仮想発電所 合併会社 太陽光発電 投資 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産会社向けオンライン型業務効率化SaaS「フォレスト」提供の「オープンルーム」と「全日本不動産協会」が業務提携
2020年10月26日、株式会社オープンルームは、公益社団法人全日本不動産協会と業務提携を開始することを決定したと発表しました。 オープンルームは、不動産会社向けオンライン型業務効率化SaaS「フォレ…
建築業マッチング・アプリ運営の「助太刀」と求人情報サイトなど運営の「エン・ジャパン」が業務提携
2020年12月2日、株式会社助太刀は、エン・ジャパン株式会社と業務提携を開始したことを発表しました。 助太刀は、建設現場で働くすべての⼈を⽀えるアプリ「助太⼑」のほか、建設業に特化した求人サービス「…
地方自治体のSDGs推進支援などの「ケイスリー」が1.9億円調達
2020年3月26日、ケイスリー株式会社は、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を取り入れた社会的インパクト・マネジメントや、成果連動型官民連携など(ソーシャル・イ…
有機半導体レーザー・ダイオード技術の実用化を目指す「KOALA Tech」が1.5億円調達
2020年3月18日、株式会社KOALA Techは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有機半導体レーザー・ダイオード(OSLD)技術の実用化を目的として設立した、九州大…
日本の「プロパティエージェント」が英国ブロックチェーンベンチャー企業「Ohalo Limited」に投資
プロパティエージェント株式会社は、Ohalo Limitedに投資を実行したことを発表しました。 プロパティーエージェントは、不動産クラウドファンディング準備室の設置や、ブロックチェーンx不動産クラウ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ