【東京都】「中小企業人材確保のための奨学金返還支援事業」助成金

subsidy

公益財団法人東京しごと財団は「中小企業人材確保のための奨学金返還支援事業」について発表しました。

建設・IT・ものづくり分野の都内中小企業等に対し、将来中核人材となりうる技術者の確保と定着を支援するため、企業等と東京都が協力し、大学生等が貸与を受けている奨学金返還費用の一部を助成します。

奨学金の貸与を受けている大学生等が都内中小企業等に技術者(正規雇用労働者)として就職し、1年間継続して勤務した場合、中小企業等と東京都が1/2ずつ負担して奨学金返還費用相当額の一部を3年間にわたり助成する事業です。

企業負担金額

①~③までのうち、希望する額を登録申込時に選択してください。選択する額について3年間にわたって、東京都が同額を負担します。

登録者を採用しない場合、企業の負担は発生しません。

登録者(大学生等)1名に対して、

① 15万円(年5万円×3年)
② 36万円(年12万円×3年)
③ 75万円(年25万円×3年)

※登録者への助成額は中小企業等と都の合算であり、3年間で①30万円、②72万円、③150万円です。

登録企業募集期間

2023年2月8日(水)から2023年12月20日(水)17:00


日本学生支援機構「令和2年度 学生生活調査結果」によると、大学生の約半数が奨学金を借りていることがわかります。

また、労働者福祉中央協議会「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査」(2018年8~11月調査)によると、借入金額の中央値は285万6,000円で、返済額の中央値は1万4,976.3円となっています。

返済額はそう大きな金額ではないものの、就職直後は新生活で出費が多くなりがちであり、また給与が充分でないことも多く、奨学金の返済は大きな負担として新社会人にのしかかってきています。

「中小企業人材確保のための奨学金返還支援事業」は、奨学金の貸与を受けている大学生に対し、中小企業と東京都が奨学金返済費用相当額の一部を助成することで、新卒人材の負担を軽減すると同時に、企業の新卒採用を支援する事業です。

専用のサイトに助成金制度を利用できる企業として登録されるため、通常の求人とは違うルートで学生からの応募が得られるという点も特徴のひとつです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 中小企業人材確保のための奨学金返還支援事業 人材 公益財団法人 助成金 大学生 奨学金 学生 定着 採用 東京しごと財団 補助金
詳細はこちら

中小企業人材確保のための奨学金返還支援事業

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「働き方改革推進支援助成金(適用猶予業種等対応コース)」
厚生労働省は、2023年度「働き方改革推進支援助成金(適用猶予業種等対応コース)」の交付申請受付を開始したことを発表しました。 2024年4月1日から、建設業、運送業、病院等、砂糖製造業といった、適用…
【東京】「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」について発表しました。 一時支援金等(※)を受給した都内中小企業の、販売促進の取り組みに助成金を交付します。 助成…
令和5年度「春のライトアップモデル事業費助成金」桜のライトアップを支援
2023年10月25日、公益財団法人東京観光財団は、令和5年度「春のライトアップモデル事業費助成金」について発表しました。 観光協会、商店街等が、春の桜を活かして、道路、公園、河川沿い等においてデザイ…
社員教育支援ツール「playse.」・派遣向け専用eラーニングシステム「派遣のミカタ」提供の「manabi」が8.2億円調達
2021年11月24日、株式会社manabiは、総額8億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社員教育支援ツール「playse.(プレース)」や、派遣スタッフ向け専用eラーニングシス…
「地域デジタル基盤活用推進事業」計画策定支援・補助金
総務省は「地域デジタル基盤活用推進事業」を実施しています。 「デジタル田園都市国家構想」の実現に向けて、地方公共団体等によるデジタル技術を活用した地域課題解決の取り組みを総合的に支援するものです。 計…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】