注目のスタートアップ

タクシー配車アプリを展開する「GO」が資金調達

company

2023年10月27日、GO株式会社は、フィデリティ・インターナショナルおよび両備グループの岡山交通株式会社を割当先とする第三者割当増資による資金調達を決議したことを発表しました。

GOは、タクシー配車アプリ「GO」、法人向けタクシー配車・管理・請求書支払いソリューション「GO BUSINESS」、交通事故削減AIドライブレコーダーサービス「DRIVE CHART」、タクシーのEV化とエネルギーマネジメントを推進する脱炭素サービス「GX(グリーントランスフォーメーション)」を展開しています。

今回の資金は、タクシー配車アプリ「GO」の基盤拡大・機能強化、タクシー産業の発展に向けた取り組み、モビリティ産業に関わるさまざまな社会課題の解決に向けた次世代事業などへの活用を予定しています。


交通インフラのひとつであるタクシーは、自宅やホテルなどに呼び、そこから動くことなく目的地まで移動することができるという特徴を持っています。

1人で移動させることが難しい荷物がある、公共交通機関がない場所に向かう、怪我などで歩くことが難しいといったシーンで利用されています。

タクシーが顧客を見つける主な手段は、街中を走りながら乗客を探す「流し」、ホテル・駅・空港などのタクシー乗り場に並ぶ「つけ待ち」、顧客からの依頼を受けて顧客のもとに向かう「無線」の3つがあります。

流しの場合、効率よく顧客を見つけるには経験や勘などが必要となるという課題があります。また、顧客としても運が悪ければ流しのタクシーを拾えず、時間を浪費してしまうこともあります。

電話での依頼は効率的な配車方法ではありますが、無線の受付のために本部などに人員が必要であること、顧客側も現在位置を電話で伝える必要があり、馴染みのない場所からタクシーを呼ぶことが難しいことといった課題があります。

タクシー配車アプリは、位置情報を利用してユーザーの位置にタクシーを呼ぶことが可能であるため、電話での配車の課題を解決し、さらに業務効率化も実現します。また、決済をアプリ経由にできるため、タクシーでの決済の手間がなくなる、車内に現金を置かずに済むといったメリットもあります。

タクシー配車アプリは、タクシー業界のDX、ユーザーの利便性の向上双方を実現するものであり、今後さらに普及していくと考えられます。

GO株式会社のコメント

このニュースを受けまして、GO株式会社よりコメントが届きました。

GO株式会社
GO株式会社は、「移動で人を幸せに。」をミッションに、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。
社名:GO株式会社(英語表記:GO Inc.)
所在地:〒106-6216 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー16F
設立:1977年8月
事業内容:タクシー事業者等に向けた配車システム提供などモビリティ関連事業

・今回の資金調達の目的は何ですか?

タクシーアプリ『GO』の基盤拡大・機能強化を通じたお客様の利便性向上とタクシー産業の発展に向けた取り組みに加え、モビリティ産業に関わるさまざまな社会課題の解決に向けた次世代事業の開発への活用を予定しております。

・今後の展望を教えてください。また、読者へのメッセージをお願いします。

おかげさまでタクシーアプリ『GO』は累計1500万DLを超えるなど多くのお客様にご利用いただいていますが、引き続き市場のポテンシャルは十分にあると考えております。今後もユーザー体験を向上させるべく、需給双方の声をしっかり受け止めながら『GO』関連のプロダクト・サービスの開発に努めていきます。また、乗務員人材の採用支援、脱炭素サービスなどの新規事業の拡大を通じてタクシー産業にとどまらない交通課題および社会課題の解決にチャレンジし、ミッションである「移動で人を幸せに。」の実現を目指してまいります。

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB GO MaaS アプリ タクシー タクシー配車 フィデリティ・インターナショナル モビリティ モビリティ産業 交通 岡山交通 株式会社 自動車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン学習コミュニティの「Schoo」が資金調達 KDDIと業務提携
2019年9月18日、株式会社Schooは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、KDDI株式会社との業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。 Schooは、大人たちがずっと学び続ける…
建設・製造・物流などレガシー業界のDXを推進するAIスタートアップ「Advancy」が資金調達
2023年9月1日、Advancy株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Advancyは、建設・製造・物流などの業界に特化し、ビッグデータ解析や画像認識、自然言語処理などのAI技術を活用…
「ユビ電」が法人・公的機関向けEV充電サービス「WeCharge for Business」と「WeCharge for Gov」を提供開始
2022年7月25日、ユビ電株式会社は、「WeCharge for Business」と「WeCharge for Gov」の提供を開始することを発表しました。 ユビ電は、電気自動車充電サービス「We…
インサイドセールスDXツールを開発・提供する「SALES GO」が「ブロードリーフ」と資本業務提携
2022年7月20日、SALES GO株式会社は、株式会社ブロードリーフと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 SALES GOは、SALES ROBOTICS株式会社のSaaSプロダクト…
DXデザイン事業の「EdMuse」とベトナムの送り出し機関の「COCORO INTERNATIONAL JSC」が業務提携
2020年10月21日、EdMuse株式会社は、COCORO INTERNATIONAL JSC(所在地:ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ブロックチェ…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】