注目のスタートアップ

超小型陽子線がん治療装置を開発する「ビードットメディカル」が累計17億円調達

company

2022年5月31日、株式会社ビードットメディカルは、累計17億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ビードットメディカルは、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所(放医研)発のベンチャー企業で、「超小型陽子線がん治療装置」を開発しています。

陽子線がん治療装置はすでに実用化されていますが、装置が巨大で高額であることから、2022年4月時点で全国で19施設にしか設置されていません。

そのためビードットメディカルは、陽子線がん治療装置をX線治療装置と同程度まで小型化・低価格化することにより、普及を目指しています。

2022年5月16日には、開発中の超小型陽子線がん治療装置の原理実証を実施し、小型化の実現性を証明したことを発表しています。

陽子線治療は、放射線治療の一種です。

一般的な放射線治療としてはX線治療がありますが、X線治療はがんの周囲の正常な細胞にもダメージを与えてしまうことが課題となっています。

陽子線治療はがん局部だけに照射することができるため、患者に優しい放射線治療となっています。

また、治療にあたって入院が必要なく、1日15分から30分程度の治療ですむため、普段の生活を続けたままがん治療を行うことができるというメリットもあります。

身体への負担が少ないため、高齢者、体力の低い人、合併症で手術ができない人にも治療の選択肢を提供できます。

一方で、陽子線がん治療装置は大型かつ高価であるため、治療できる病院が非常に限られていることが課題となっています。

陽子線治療は先進医療に区分されており、小児がん・骨軟部腫瘍・頭頸部悪性腫瘍のみ公的保険が適用され、それ以外は自己負担だったのですが、2022年4月からは、大型の肝臓がん・肝内胆管がん・局所進行膵がん・局所大腸がん術後再発も保険が適用されるようになり、陽子線治療のニーズが高まっています。

研究開発系のビジネスは、資金がビジネスの成長に直結します。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達に関するノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ がん がん治療 ビードットメディカル 医療 医療機器 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 放医研 株式会社 治療 研究開発 資金調達 超小型陽子線がん治療装置 陽子線がん治療装置
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM」運営の「SMADONA」が資金調達
2020年2月17日、SMADONA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」のα版のサービス提供の開始も併せて発表…
不動産ファンドオンラインマーケット「CREAL」運営の「クリアル」が不動産経営の「JRD」と業務提携
2022年6月17日、クリアル株式会社は、JRD株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 クリアルは、不動産ファンドオンラインマーケット「CREAL」と、機関投資家・超富裕層向け資産運用…
契約マネジメントシステム提供の「ContractS」が転職サイト運営の「キャリアインデックス」の子会社に
2022年5月20日、ContractS株式会社は、株式会社キャリアインデックスのグループへの参画について合意したことを発表しました。 また、キャリアインデックスは、ContractSの株式を2022…
営業マネジメント・システム「SENRI」提供の「アフリカインキュベーター」が2億円調達
2019年10月28日、株式会社アフリカインキュべーターは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 アフリカ現地の製造・流通系企業向けの営業マネジメント・システム「SENRI」を提供してい…
個人向け資産運用サービスを開発する「sustenキャピタル・マネジメント」が3億円調達
2020年6月1日、株式会社sustenキャピタル・マネジメントは、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バランス型投信やロボット・アドバイザーとは一線を画す、品質の高い分散投資をスマートフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ